レーシックまるわかりガイド

費用・安全性などについて検証!老眼や白内障の最新治療も!

レーシックまるわかり!
画像

レーシックとは

レーシックとは、そもそもLASIKという英語がもとになっている日本語英語です。
これは「Laser in situ keratomileusis」の略であり、屈折矯正手術とも呼ばれることがあります。
日本では1990年代の半ばごろから手術が行われるようになりましたが、当時は眼科専門医が扱うことは少なく、社会的にも深くは認知されていなかったと言います。

また、この頃は眼科専門医意外の執刀医師の眼球に対する専門知識が乏しかったという背景もあり、様々なトラブルが起こっていたのだとか。
現在では、そんな背景は消え去り、眼科医地震が執刀するというケースが非常に増加している傾向にあります。
そのため、手術のレベルそのものも大幅に上昇してきています。
社会的な認知度も以前と比較すると格段に高まってきていますが、詳細な情報まではしっかりと行き届いていないような気もします。
一般的には、いまだにレーシックに対する理解が乏しいようです。
雑誌などの後ろの方に載っている広告を訝る人もいますし、一方でメリットばかりを誇大広告しているものを信用して、気軽な気持ちで手術を受ける人もいます。

レーシックのメリットとデメリットをきちんと理解している人は、まだまだ少ないというのが実情なのかもしれません。
巷では、レーシックに関連する本やWEBサイトなどが数多く出回っています。
しかし、どちらかといえばレーシックの利点ばかりをクローズアップしているものが多いような印象も受けます。
実際のところ、レーシック手術は安全性が高く、視力の向上を願う人には最高の手段となり得るものです。
しかし、必ずしも万能の手術というわけではないことを頭に入れておかなくてはいけません。

このサイトでは、その観点にたってレーシックを知ってもらうことを最大の目的として紹介しています。
メリットと同時にデメリットを知り、そのうえで手術をうけるかどうか、或いはどんなクリニックで手術を受けるかを検討してください。
そもそも日本人は眼鏡人が多い「眼鏡大国」ともいえるような国です。
おおよその計算では、三人に一人がメガネをかけているということになります。
そんな我が国だからこそ、レーシックは必要不可欠な視力の治療方法として近年になって注目を集めているのです。

レーシックはデメリットをしっかりと把握することが出来れば、最高の視力矯正になります。
コンタクトレンズやメガネの煩わしさから解放されて、裸眼での視力が向上するからです。
レーシックについての正しい知識をしっかりと蓄えるようにがんばりましょう。

Main Menu

無料カウンセリング

実話体験談