レーシックまるわかりガイド

費用・安全性などについて検証!老眼や白内障の最新治療も!

レーシックまるわかり!
画像

レーシックを受けられない時の対策

残念ながらレーシックの手術を受けられない場合には、視力を向上させることはできないのでしょうか? 実は、そんなことはなく一生メガネやコンタクトレンズと付き合っていかなければならないとうわけではありません。
現在では、世界中で屈折矯正手術が行われており、その大半はレーシック手術ではあります。

しかし、その他にも手術の方法はあるのです。
ただし、それらにはレーシックとは異なるリスクがあり、長期的なスパンでみたときに安全性が必ずしも保証されていないものもあります。
とはいえレーシックを受ける条件に適応していない場合でも受けられる可能性があるわけですから、十分にメリットはあると言えるでしょう。
手術の健康保険の適応とならないという点に関してはレーシックと同様のものが殆どだということは先に頭にいれておくと良いでしょう。

まず、第一に挙げられる対策に「PRK」があります。
これは比較的角膜が薄い人や激しいスポーツをする人(格闘選手など)でも受けることが出来るもの。
レーシックが広く認知される前から行われていた手術方法であり、フラップを作らずに直接的にエキシマレーザーを照射するのが特徴です。

フラップを作らないため、角膜が薄い人でも治療を受けられることがあり、さらには格闘技などの眼球を強く打撲する可能性があるスポーツをする人の場合にはフラップが外れたりずれたりしてしまう可能性があるので従来のレーシックは受けられないのですが、PRKなら適応できることがあります。

デメリットとして挙げられるのは手術後に痛みが強いという点でしょう。
もちろん、それほど強い痛みではありませんが、視力が安定するまでに多少時間がかかるという欠点もあります。
また、角膜が淡く濁ってしまうヘイズという症状が引き起こされるというリスクもあるため安全性は高いとはいえません。

第二の選択肢としてはラセックが挙げられます。
これは、PRKと同様に激しいスポーツをする人や角膜が薄い人にお勧めの方法です。
角膜表面にアルコールを作用させ、角膜上皮だけをシートのように薄くフラップを作成するというものです。
PRKとは角膜上皮を取り除くかどうかという点が異なります。

この方法の進化系としてエピレーシックという方法も登場しており、現在ではそちらが有力な手段となっています。
いずれにしても、自分の現在の状態をしっかりと医師に伝えて相談することが先決でしょう。
そこで的確な返答をもらえるような医師、あるいはクリニックを見つけることも大切なポイントです。

Main Menu

無料カウンセリング

実話体験談