レーシックまるわかりガイド

費用・安全性などについて検証!老眼や白内障の最新治療も!

レーシックまるわかり!
画像

合併症にも注意

レーシックの治療を受けるのであれば、わずかではあるものの合併症のリスクがあるということをしっかりと理解しておく必要があります。

近年では、機器もどんどん新しくなっているうえに、医療技術そのものも発達してきているという背景から、合併症のリスクは徐々に減少してきている傾向にありますが、 それでもクリニックや眼科医師をしっかりと選んだり、自分自身でも知識を蓄えておくなどの対策を講じておくことは必要不可欠でしょう。

では、具体的な危険因子としてはどんな症状があるのでしょうか? 代表的な例として挙げられるのは層間角膜炎です。

危険度は比較的低いといえますが、気を付けておくに越したことはありません。
手術の後で、多くは早い段階からフラップの下で炎症を起こすことを指しており、発症するのは手術から一週間以内ていどの期間の内だと考えられています。

原因そのものは未だに解明されていませんが、早いうちに点眼などの治療を施すことで、ほとんど問題なく回復させることが出来ます。
もちろん、視力などにも一切支障をきたすことはないでしょう。

ただし、症状が重度になってしまった場合にはフラップを再剥離する必要が出てきます。
フラップを再度めくって、洗浄などの処理が必要になってくるのです。

このように、フラップはレーシックの手術の要ともいえる存在だと言えるでしょう。
そのため、フラップ関連の合併症を知っておくことはとても大切です。

レーシックではマイクロケラトームという器具を使用してフラップを作成していきますが、引き起こされる可能性のある合併症にも様々な種類があるのです。

不完全フラップ・シンフラップ、不規則フラップ、ボタンホールなどが代表的な例として挙げられます。

不完全フラップはフラップが部分的にしかできないことを指しており、ボタンホールはフラップが極端に薄くなってしまって中央に穴が開いたり、不規則な形になってしまうことを指しています。
また、この他にもマイクロケラトームの固定に必要な眼圧の上昇が得られないフラップの作成不能というトラブルもあるようです。

これらの頻度はいずれも1パーセントに満たない、ごくまれにしか起きない問題ですが、重症の場合は手術前よりも視力が低下することもあるので、その点をしっかりと頭に入れておくことが必要になってくるでしょう。

合併症に注意すれば、自ずとレーシックの長所と短所が見えてくるはずです。
ここではレーシックの難点ばかりを上げてしまいましたが、実際にはメリットの方が沢山あります。
どちらも十分に理解したうえで治療をするかどうかを決めましょう。

Main Menu

無料カウンセリング

実話体験談