レーシックまるわかりガイド

費用・安全性などについて検証!老眼や白内障の最新治療も!

レーシックまるわかり!
画像

合併症にも注意

比較的危険度が高いと言われている合併症と考えられているのが「感染症」です。

フラップを作成するためには、どうしても切開が必要になってきますが、その角膜の傷口から細菌やカビなどのウイルスが入り込んでしまう可能性もあるのです。

頻度こそ少ないですが、非常に危険な状態なので、これだけ是が非でも避けたい合併症といえるでしょう。

もちろん、手術前には感染症を予防するための対策が行われていますが、これが疎かになっている眼科クリニックがあることも事実です。
そんな粗悪や病院にひっかからないように、しっかりとクリニックを見極める目を養いましょう。

そのために役立つのが無料で行われているカウンセリングだと言われています。
また、感染症の予防対策を処置しても、どうしてもリスクはゼロにはなりません。

もちろん、しっかりと予防することによって感染率は大幅に下がりますが、危険が全くなくなるというわけではないことを予め頭に入れておきましょう。

感染症を引き起こしてしまった場合には後遺症が残る可能性もあるので注意が必要となります。

治療後の角膜に濁りなどが生じてしまうことがあるのです。
また、場合によっては角膜の移植が必要になってしまうこともあります。

この感染症と並ぶほど危険だと言われている合併症として挙げられるのが、医原性ケラテクタジアです。

医原性ケラテクタジアは角膜を削った部分に変形が起きてしまうことで、それによって前方に飛び出してしまいます。
頻度は不明であり、これは手術の直後に起こるものではないので正確なデータをとることが出来ないという点が理由となります。

手術直後は経過が良くても、長期的なスパンでみたときに医原性ケラテクタジアが引き起こされる可能性が否定できないのです。
もちろん、頻度としては比較的稀だとは考えられています。

医原性ケラテクタジアを起こすと徐々に角膜の屈折力が変化してしまい、治療前よりも視力が悪化してしまうこともあります。
眼鏡やコンタクトでも矯正できなくなることがあり、この場合は角膜の移植を余儀なくされることも・・・

円錐角膜や、その疑いがある眼球、術前から角膜のうすい眼球に比較的症状が起きやすいと考えられています。
予防する対策としては、術前の角膜形状解析をより適切に進めていくことが挙げられます。

その他にも、術後にある程度の厚さが残るように手術を行うことによって発生頻度を下げることが出来るようです。
これらの点を踏まえたうえで、自分にはどの程度レーシックにメリットがあるのかということを考えてみましょう。

Main Menu

無料カウンセリング

実話体験談