レーシックまるわかりガイド

費用・安全性などについて検証!老眼や白内障の最新治療も!

レーシックまるわかり!
画像

レーシックは発展途上

レーシックにはわずかながらではあるものの、わずかな確率で視力が低下してしまうというリスクがあります。
もちろん、長所もたくさんありますが、短所もこれだけではなく、いくつかあるということを頭に入れておきましょう。

大切なのは、自分にとってどれだけのメリットがあるのか、どれだけのデメリットがあるのかという事をしっかりと理解したうえで治療するかどうかを決めることです。

実は、手術そのものが成功したとしても副作用的な症状が出てしまって眼球に違和感を感じることもありますし、レーシック後に起こり得る症状としてはいくつかの例があります。
代表的なものとして挙げられるのはドライアイです。
眼が乾いてしまって痒みやガサガサ感を感じることがあります。

また、レーシックは視力を矯正することが出来る治療ですが、視力そのものが上がったとしても見え方の質が下がってしまう可能性があります。
さらに、術後の眼科検査の結果に誤差が出ることも考え得るでしょう。

これらのデメリットを十分に把握しておくことが大事です。

レーシックのメリットとしては、外科的な手術で視力を向上させるために効果そのものが半永久的なものとなるという点があります。
しかし、将来的に起こり得るであろう老眼という症状の進行をとめることはできません。
つまり、レーシックの手術をうけて視力を回復したところでメガネの煩わしさから解放されたといっても、その後に待っている老眼に対してはメガネが必要になることもあるのです。

ものを見ているときには、人間の眼球は無意識のうちの筋肉を緊張させたり緩めたりして水晶体を操作して物体にピントをあわせています。
この中で、遠くを視ているときは水晶体が薄くなっているのですが、実はこれが眼球がもっともリラックスしている状態と考えられているのです。

その一方で、近くを見ているときは絶えず眼球の裏の筋肉を緊張させている状態になっています。
それによってピントを合わせているのです。

ところが、加齢にともなって水晶体が固くなるなどの老眼現象が引き起こされていきます。
そのため近くを見るときも遠くを見るときも同程度の屈折率しか出せないほどピントをあわせられなくなるのです。
これを老眼と呼んでいます。
レーシックを受けても、この症状を抑えることはできないということは予め知っておきましょう。

もちろん、最近では老眼を治すためのレーシック手術という技術も開発されており、高く評価されています。
それらの点も、しっかりと専門家である眼科医師に相談してみることをオススメします。

Main Menu

無料カウンセリング

実話体験談