レーシックまるわかりガイド

費用・安全性などについて検証!老眼や白内障の最新治療も!

レーシックまるわかり!
画像

費用とクリニック選び2

レーシックの費用は健康保険が適応されないため、すべて自己負担ということになります。
そのため、自分にどれだけのメリットがあるのか判断してライフステージによっ手術を受けるかどうか決定していくことが必要でしょう。

価格は一般的には20万円程度となることが多いようです。
最近では数万円で手術が受けられるようなところもありますが、平均するとあくまでも上記のような価格になってきます。

保険は適応されないと先述しましたが、医療控除を受けることはできるので予め頭に入れておきましょう。
年末の確定申告などのときにお金が戻ってきたりすることがあります。
詳細な情報はかかりつけの医師などに相談してみてはいかがでしょうか?

また、アフターケアなどが必要になってくるので、その際にも費用は少なからずかかってきます。
交通費などもかかることから、レーシックは決して「安い治療」ではないといえます。
そういった背景や安全面からみてもクリニック選びは慎重に行うように心がけましょう。

手術を希望する人が病院を選ぶ場合には、早い・安いなどのポイントが大事だとは思いますが、決してそれだけの要因で決めてしまわないようにしましょう。
レーシックで手術するのは、患者にとってかけがえのない「眼」です。
だからこそ、信頼できる眼科医師に手術してもらいたいと考えるようにしなければいけません。

そこで大切になってくる基準としては、しっかりと治療の内容を説明してくれるということ。
そして、検査をしっかりと行ってくれる医師であることが最大のポイントになります。

これまでに行ってきた手術の実績やリスクに対する説明があいまいであったり、宣伝のように感じでカウンセリングが終始終わってしまうのであれば、クリニックの変更を検討してもいいかも知れません。
また、日本眼科学会認定の眼科専門医の資格を持っているかどうかも一つの目安になります。
ただし、これを持っているからといって最高の医師かと問われれば、それはわかりません。
あくまでも目安のひとつとして考えておくようにしましょう。

また、アフターケアがしっかり行われている病院であるということも大事なポイントになります。
手術の後のトラブルに対する処置は患者にとって非常に重要なリスク管理です。
それにも関わらず、様々な理由でアフターケアの治療を受け付けてくれないクリニックも少なからず存在します。

このようなポイントは、手術前ではなかなか判断しにくいところですが、不安な場合はいくつかのクリニックでカウンセリングを受けて比較するなどの方法をとってみましょう。

Main Menu

無料カウンセリング

実話体験談