レーシックまるわかりガイド

費用・安全性などについて検証!老眼や白内障の最新治療も!

レーシックまるわかり!
画像

レーシックの適応検査

一般的にレーシックの手術を行う際には、適応検査というものを行うことになります。
これによって、レーシック治療を行うかどうかを判断するのですが、手術に失敗してトラブルを引き起こさない為にも必要不可欠なステップですから、念には念を入れて検査を受けるようにしましょう。
ここでは、検査をうけるにあたっての注意事項などを解説しています。

まず、検査には適応検査と術前検査という二段階があるということを覚えておきましょう。
この検査によって、レーシック手術の精度が維持されています。

第一に気を付けておきたいのは、普段からコンタクトレンズを使って視力を矯正している人です。
検査までの三週間くらいはコンタクトレンズをはずしておくようにしなければいけません。
また、ソフトタイプのコンタクトレンズを使っている場合は二週間でも大丈夫なので、必ず外すように注意しましょう。

これは、コンタクトが角膜の上に直接装着するものであるという事が大きな理由になっています。
たとえ数時間つけておくだけでも、角膜のデータが変化してしまう可能性があるのです。

そもそもレーシックというのは、サブミクロンの単位で角膜を削ることによって、光の屈折率を変化させてピントをあわせるという視力矯正手術ですから、基準になるデータが適切にとれていないと、手術後の結果が想定通りに出ないことになってしまうのです。

当然のことながら、なかには「手術が受けられるかどうかわからないのに、適応検査の前に三週間も外しておくのは無理・・・」と考える人もいるでしょう。
たしかに、コンタクトレンズなしの生活は不便でしょうし、そのうえ適応できないとなれば悲惨ではあります。
その場合には、コンタクトをつけたままの概略の適応検査を受けることができるようです。

そして、その概略の検査をうけて適応できそうだと判断された場合には、改めて三週間のコンタクトをつけない期間を設けるというフローになります。
ただし、この場合は最初にとったデータが手術には使えません。
最低でも三回の検査を受けることになるので、それはそれで手間に感じる人もいるでしょうが、現状ではこの内どちらかを選ぶことになるので、しっかりと検討しましょう。

また、適応検査では眼底検査のために瞳孔を広げる薬を使います。
この際につかう目薬は効果が数時間持続して、光がまぶしくなることがあります。
そのため、検査の後はすぐに車を運転することが出来ないので、注意しましょう。

Main Menu

無料カウンセリング

実話体験談