レーシックまるわかりガイド

費用・安全性などについて検証!老眼や白内障の最新治療も!

レーシックまるわかり!
画像

眼球の構造

高度経済成長の時代の前後に、日本人はメガネ、カメラ、農協と言われていた時代があったと言います。
これは、海外旅行にやってくる日本人は現地の人から見ると、眼鏡をかけていて、カメラを首から下げていて、農協の旗を持った添乗員が付いているという特徴をとらえたジョークですが、ここからもわかる通り、日本人には近視でメガネを掛けている人がかなり沢山いるということが窺い知れます。

実際のところ、日本人の三分の一は近視であるということが判明していますし、眼鏡やコンタクトレンズを使っている人はかなり沢山います。
しかし、メガネやコンタクトレンズは使用するのに煩わしさや不便さが伴うというのは動かしがたい事実です。
仕事や趣味の邪魔になるということもあるでしょうし、近視であるという症状は多くの人にとって悩みの種になっているでしょう。

では、そもそも近視とはどんな状態なのでしょうか? ここでは、近視の人の目の構造がどうなっているのか、近視のメカニズムと眼球の構造について解説します。
そもそもレーシックは気軽に受けることが出来るといっても「手術」であることに変わりはありません。
そのため、治療を受けようと考えているのであれば、眼球の構造についてもしっかりと理解しておくのが望ましいと言えるでしょう。

例えば、癌がどんな病気なのかという事を知らずに胃の摘出手術を受ける人はいないはずです。
レーシックの手術を受けた目は、その状態が気に入らないからと言っても術後ではもとに戻すことはできません。
自分の目は現在いったいどんな状況になっているのか、そしてどんな結果が予測されるのかについて、しっかりと理解してから手術を受けるのが理想的です。

人間の目のメカニズムは一体どんなものなのでしょうか? まず、外から光を取り込むわけですが、この光線は角膜と水晶体という部分で屈折されて網膜に像を映し出します。
カメラに例えるのであれば、角膜と水晶体はレンズで網膜はフィルムということになります。
カメラであれば、フィルムが感光すると化学反応で画像があらわれますが、目の場合は網膜上にある細胞が刺激を感じることによって、 視神経を通い、脳に達することで画像を確認することが出来るわけです。

簡単な説明ですが、これが眼球が「見る」という行為をヒトがおこなう上で担っている役割になります。
これらのすべてが正常に働くことで、ものを正しく見ることができます。
しかし、近視や遠視、もしくは老眼などになれば「矯正」が必要になってくるわけです。
その矯正の役割を果たすのが、メガネやコンタクトレンズであるレーシックなのです。

Main Menu

無料カウンセリング

実話体験談