レーシックまるわかりガイド

費用・安全性などについて検証!老眼や白内障の最新治療も!

レーシックまるわかり!
画像

レーシックの適応検査2

レーシックの 手術を受ける場合には、安全面から考えても、手術の精度や成功率を保つためにも検査を事前に受ける必要があります。
一般的には二回から三回くらいの検査を受けることになりますが、具体的にはどんな検査の項目があるのでしょうか?

まず大切になるのが屈折検査で、別名「オートレフクトメーター」とも呼ばれている検査を受けることになります。
手術の矯正量を決定するという目的に非常に重要になる検査で、角膜や水晶体が本来持っている屈折力を正確に割り出します。

二つ目の挙げられるのが、角膜形状解析とよばれるもので、これはオーブスキャンとよばれることもあります。
角膜の屈折力の分布をコンピュータによって解析して、これをカラーマップにしたものです。
これによって得られるのは角膜の形状や屈折力の情報で、それらを正確に把握することによって不正乱視の有無などを調べることが出来ます。
ここで円錐角膜などの診断が出てしまうと、エキシマレーザーによる手術が受けられなくなってしまいます。

三番目には視力検査が行われるのが一般的です。
これは健康診断などで行われるごく普通の視力検査で、裸眼と矯正視力の両方を測定することになります。
手術の成功と失敗の判断をする材料になるわけですから、簡単ですが大切な要素といえるでしょう。

第四に眼圧測定をすることになります。
緑内障の有無を調べるために参考になるデータであり、仮に緑内障が発見されてしまった場合には基本的にはレーシックの手術は受けられないと判断されてしまいます。
この他に行われる検査としては、角膜内皮細胞検査があり、五層構造になっている角膜の一番内側にある角膜内皮細胞を検査していきます。
この細胞は角膜の透明性を維持するために必要不可欠なものであり、この細胞が一定以上減少してしまうと角膜が濁ってしまうそうです。

レーシックの治療で内皮細胞になんらかの影響を与えてしまうということは殆どありませんが、極端にこの細胞が少ない場合には、手術が出来なくなる可能性もあります。

また、角膜の厚さを検査するステップもあります。
ここでは、フラップを作成し、エキシマレーザーを照射しても十分に角膜が残るかどうかということを調べることになります。

さらに涙液検査を行うことによって角膜の治癒がしっかりと行われるかどうかを調べます。
簡単にいえば、ドライアイの有無や程度を調べるということで非常に重要なポイントになります。

Main Menu

無料カウンセリング

実話体験談