レーシックまるわかりガイド

費用・安全性などについて検証!老眼や白内障の最新治療も!

レーシックまるわかり!
画像

レーシックの手術の流れ

手術の当日までに気を付けておきたいのは、検査と同様に手術前はコンタクトレンズをつけないようにするということ。
ハードコンタクトの場合は三週間、ソフトコンタクトの場合は二週間はつけないようにしましょう。

また、手術の前日から三日後までは飲酒や喫煙を出来るだけ避けるようにするのが理想的だと言われています。
前日や当日は、目に負担がかからないように気をつけなくてはいけません。

もちろん、生活に制限がかかることは特にないのですが、手術の当日に体調不良の状態で来院するのは好ましくありません。
例えば、徹夜明けなどの状態で手術に挑むのは成功率を下げる原因になるので避けるべきです。

さらに、手術の後は点眼液の影響で普段以上に周りが明るく見えるということや、視力が一時的に下がる可能性があるということから、靴は歩きやすいものを選ぶ必要があります。
特にハイヒールなどで来院するのは避けなくてはいけません。
エキシマレーザーの精度が下がる可能性があるということから、化粧や香水などを使用して手術に臨むのも避けましょう。

さて、手術室に入ったあとは目の周りの皮膚の消毒から行われます。
手術は背もたれがある椅子のうえで行われるのが一般的ですが、クリニックによって差があるかもしれません。
眼のまわりにはまつ毛の部分に特に細菌が多いということがわかっており、その理由から特に入念に消毒が行われるかと思います。

消毒が終わったら、眼の部分を除いて顔面にビニールなどのシートを被いかぶせて点眼麻酔を行います。
そして、眼が大きく開かれた状態で固定し、まつ毛などもテープで固定されることになります。
この状態になると瞬きができなくなってしまうので、手術中にまばたきしてしまったら・・・という不安は必要ありません。

その状態になった目にさらに点眼の麻酔が行われます。
点眼麻酔は目薬タイプの麻酔で、麻酔だからといって身体や眼球に注射をすることはないので安心です。
手術していない方の眼は乾燥を防ぐために瞼を閉じた状態のままテープで固定してしまいます。
この段階で準備がやっと終わりました。

麻酔が効いてきたらいよいよマイクロケラトームでフラップを作成する手順に入るわけですが、ここからが手術の本番といったところ。
マイクロケラトームにも色々な種類がありますが、それによってここから先は細かい手順は左右されます。
その他に心配なことがあれば、予め医師にカウンセリングの段階で聞いておきましょう。

Main Menu

無料カウンセリング

実話体験談