レーシックまるわかりガイド

費用・安全性などについて検証!老眼や白内障の最新治療も!

レーシックまるわかり!
画像

レーシックの手術の流れ2

麻酔が効いてきたら、いよいよマイクロケラトームでフラップを作り、手術が始まります。

マイクロケラトームには様々な機種があり、それぞれの機種によってフラップ作成の所要時間や角膜のつながる位置などに違いが生じます。
しかし、性能の方にはさして違いはないので安心してください。

もちろんクリニックによって機種が異なるわけですが、心配な場合は手術を受ける前に予め機器類をチェックしておいても良いでしょう。
最新といわれているような機種があれば、ほとんどの場合で問題はないはずです。

フラップにかかる時間は数秒で、まさに一瞬の出来事と言ってもいいでしょう。
まずはリングの部分で吸引圧をかけて眼球を固定します。
この際には、いわば眼球がマイクロケラトームによって固定されている状態になるので、目の前が急に暗くなって眼球が圧迫されているような感覚になるかと思いますが、それが正常な状態なので心配はいりません。

眼球がしっかりと固定された段階で、マイクロケラトームの刃がリングの上を一往復することでフラップが作成されます。
目の前を刃が通るわけですから、なんとなく怖いと感じる方もいるかもしれませんが、手術中には殆ど刃は見えません。
目の前を何かが横切ったような気がする・・・という感覚で終わってしまうでしょう。
切開されている感覚や痛みもほとんどないはずです。

その一方で、眼を広げた状態で固定するわけですから、まぶたが突っ張る感覚が何となく嫌だったという方や、マイクロケラトームの吸引圧が眼を圧迫するような感じがして嫌だったという人は結構いらっしゃるようです。

その後は作ったフラップをめくって角膜実質を露出します。
その段階を踏んで、やっとエキシマレーザーの照射が行われるわけですが、実はエキシマレーザーの手術機器にもマイクロケラトームと同じく様々な機種があります。
エキシマレーザーの制御はコンピュータが行れて、レーザーの誤射を防止したり、トラッキングシステムや自動停止装置などもプログラムされています。
そのため、レーザーを照射している最中に眼を動かしてしまっても、間違えて他の部分を削ってしまうということは無いので安心してください。

多少動いただけなら、トラッキングシステムによって自動的に照射位置を追尾してくれますし、大きく動いたらレーザーの照射そのものが停止してくれます。
もちろん、手術をスムーズに終わらせるには、出来る限り眼を動かさないことは大きなポイントになります。
指示された目標をじっと見つめ続けるようにしましょう。

レーザーの照射はどれくらい角膜実質を削るかによって左右されますが、一般的に20から50秒くらいと言われています。

Main Menu

無料カウンセリング

実話体験談