レーシックまるわかりガイド

費用・安全性などについて検証!老眼や白内障の最新治療も!

レーシックまるわかり!
画像

レーシックはアフターケアも大事

手術が終わったからといっても、まだ安心はできません。
手術の後にはいくつかの注意点を意識してアフターケアをしっかりと行うように心がけましょう。

アフターケアを行うことで、合併症のリスクを大きく引き下げることが出来ますし、その後の経過も良くなるでしょう。
下記のポイントをしっかりと守るように心がけてください。

・手術の後の一週間は外出時や就寝時に必ず保護用のサングラスをかけること

・手術の後の一週間は眼を強くこすらないように心がけること。
(点眼液の使用や医師の指示通りに行うように意識しましょう。

・手術の後の一週間は目の周りの化粧を控えましょう。
(眼球に負担をかけることになりかねません。

・首から下の入浴は翌日診療で問題がなければ、可能になりますが、しっかりと医師に確認するようにしましょう。

・洗顔や洗髪は手術の後、三日目から可能になりますが、この点はしっかりと守るようにしましょう。
(フラップの作成時には眼球の角膜部分を切開しているままですから、そこからシャンプーなどの際に雑菌や細菌が入ってしまうと重篤な合併症の原因となってしまいます。
眼をこすらないようにしたり、化粧がNGなのも、それが大きな背景となっています。

・デスクワーク系の仕事(目を酷使するパソコンや細かい書類などを使った仕事)の場合には、手術の翌々日から仕事をするようにしましょう。
このほかにも汗をかくような肉体労働、埃っぽい環境での仕事の場合は一週間は避けるようにしてください。

・激しい運動は一か月ていどは避けるようにするのがベストです。
ゴルフやウォーキング程度の軽いスポーツであれば二週間後くらいから可能になりますが、水泳やテニスなどは一か月間は待ちましょう。
サーフィンやスキューバダイビングなどは雑菌がはいる可能性も考えて、三カ月は期間をあけたいところです。

基本的には、ほとんどのクリニックで合併症を引き起こした万一の場合に備えて定期的な健診を行っています。
定期健診も予約制であるクリニックが多いので、そういった細かい条件などをしっかりと医師に確認しましょう。

定期健診は一般的に一週間後と一か月後、三か月後と六か月後、一年後に行われています。
その後は一年ずつ健診を受ける必要があります。

このスケジュール以外の定期健診のスパンを設けているクリニックもありますが、医師の指示に従いましょう。
担当医師が判断した場合には、随時診察が必要になることもあるので頭に入れておきましょう。

Main Menu

無料カウンセリング

実話体験談