レーシックまるわかりガイド

費用・安全性などについて検証!老眼や白内障の最新治療も!

レーシックまるわかり!
画像

レーシックとドライアイ

しばしば、レーシック手術を受けることによって合併症としてドライアイになってしまうことがあります。
あるいは、ドライアイの症状がレーシックの手術によってひどくなるということもあるようです。

残念ながら、これらは手術そのものが成功したとしても合併症として引き起こされる可能性があると考えられています。

レーシックでは、フラップを作るために角膜の一部を切開することになりますが、このフラップという部分にはたくさんの神経が通っています。
すなわち、それはこの神経の一部を切断しなければいけないということを指しています。
それによってドライアイが深刻化する可能性があるのです。

もちろん、レーシックを行ったからといって必ずしもドライアイになるわけではありませんし、もし引き起こされたからといっても、涙だ完全にストップしてしまうわけではありません。
いずれにしても、術後にドライアイ用の点眼液で治療していくしかありません。

症状の重さは人それぞれですが、重度の症状が出てしまうひともいれば、ほとんど何も感じない人もいらっしゃいます。
そういった点まで踏まえると、術後にドライアイの治療を行うのは、術後の体調管理の一環と考えるのが無難かもしれません。

クリニックなどで手術後のドライアイの可能性について説明されても、その場ではあまり真剣に受け止める人が少ないという背景もあります。
一般的には、ドライアイといってもパソコンの画面を見過ぎたときに少し目が乾いてしまうくらいにしか考えていない人が多いということもその理由になります。

しかし、場合によっては、そういった理由がなくとも常に目がしょぼしょぼして瞳が乾く感じがする人もいるかもしれません。
また、疲れやすく充血した感じの眼になってしまうという症状もあるので、軽視しないように心がけたいものです。
さらに、ドライアイによって涙液層が不規則になってしまった場合には、見え方が悪化したり、視力そのものが落ちてしまうこともあるのだとか。
そうならないように、レーシックの術後はしっかりと点眼液でアフターケアをするように意識しましょう。

あまりにひどい場合は、涙点プラグを使った治療などが行われることもあります。
詳細については各クリニックの医師に相談するなどした方が良いかもしれません。

人によって合併症が出るかでないか、あるいはどんな症状が出るのかというのは異なります。
ましてや、手術の前にそれがわかる人はいないと言ってもいいでしょう。
だからこそ、クリニックと医師は自分なりの基準をもってしっかりと選ぶようにするべきなのです。
そして、自分自身でもしっかりと体調管理をしてアフターケアにつとめましょう。

Main Menu

無料カウンセリング

実話体験談