レーシックまるわかりガイド

費用・安全性などについて検証!老眼や白内障の最新治療も!

レーシックまるわかり!
画像

レーシックと老眼

レーシックに伴って引き起こされるトラブルの代表例として、ドライアイと並ぶほど多いと言われているのが「老眼」に関するもの。
そして、これもドライアイと同じようにレーシックに対しての理解不足が原因となっていると考えられています。

レーシックの手術を受けようと考えている人のなかには、治療を受けさえしてしまえば、全てが良く見えるようになり、一生メガネをかけないで済む・・・と考えている人がいるというのは紛れもない事実です。
しかし、これは大きな勘違いなので注意しましょう。

そもそも近視というのはリラックスしている状態では遠くを視ている時にピントがあわないものの、近くにはピントが合うという状態です。
近視が強ければ強いほど、ピントがあう位置は近くなっていくというのが自然な考え方です。

そのため、メガネがなければまったく日常生活が送れないような強い近視の場合でも、眼にごく近い位置ならピントをあわせることが出来ることもあります。

レーシックは角膜を削ることによって屈折率を変化させる手術であり、これによってピントが合う位置を変化させる治療方法です。
今迄は近視でピントが合う位置が眼に近い部分だったものを、角膜の屈折率をいじることで遠くでもピンとが合うように変えることが出来るというわけです。

ただし、近くのものにピントをあわせるのは多少難しくなるということにもなるというのを忘れないようにしましょう。

しかし、水晶体というレンズには厚みを変えて屈折力を変化させる機能があるわけです。
そのため、若い頃にはコレを使えば自然に水晶体の屈折率で遠くでも近くでもピントがあうということになります。
水晶体は近くを見ている時であれば自然と厚くなって、近くを見ている時には自然と薄くなるのです。

しかし、一般的には40歳以上になってくると、この水晶体が薄いまま固くなってしまうと言われています。
要するに、厚さを調整してピントをあわせるのが難しくなってしまうというわけです。
結果的に目に映る映像はぼやけてしまい、それが老眼という症状だと考えられています。

そのため、老眼年齢の人がレーシックを受けると、遠くにピントがあうように角膜を削ることになるので、遠くのものは良く見えるようになります。
しかし、老眼で水晶体を厚くすることが出来ないわけですから、近くのものは見えにくくなってしまうのです。

とはいっても、最近になって新しい方法が開発されつつあります。
それによって近視と老眼の両方を改善することが出来るようになったのです。
詳しくはクリニックの医師に相談してみましょう。

Main Menu

無料カウンセリング

実話体験談