レーシックまるわかりガイド

費用・安全性などについて検証!老眼や白内障の最新治療も!

レーシックまるわかり!
画像

近視のメカニズム

近視や遠視などではなく、正常な「よくモノが見える目」というのはどんな仕組みになっているのでしょうか? そもそも目には光線が入ってくることでモノの像をとらえることが出来るわけですが、遠くを視ているときと、近くを見ているときとでは、この光の入り方が異なります。

遠くを見ているときは、光はほとんど平行に近い角度から眼球に飛び込んできます。
この光が角膜と水晶体の二枚のレンズによって屈折されることによって、網膜上においてピントがしっかりとあう訳です。
このように、ごく自然な状態、つまり何も努力をせずにリラックスした状態でピントが網膜の上にあうことを正視というのです。

その一方で近くのものを見るときは、メカニズムそのものが大きく異なります。
光は外側に広がる方向で目に入ってくることになります。
この場合は、遠くを視ている時と同じようなレンズの使い方をすると、屈折力が弱い為、網膜上にピントを合わせることが出来ません。
ピントがあわない場合は、ものがぼやけて映ることになってしまいます。
そこで、人間は無意識のうちに目の中の毛様体筋という部分を緊張させるのです。
これによって、二枚のレンズのうち水晶体の厚みを変化させてピントの位置を合わせます。
(これは毛様体筋が緊張すると水晶体が厚くなるという仕組みを活かしたもの。

水晶体が厚くなれば、その分屈折力も強くなることになりますから、近くから入ってきた光も網膜上でピントがあうように出来るのです。
つまり、人間の眼の水晶体は遠くを視る場合は薄く、近くを見ているときは分厚くなっているということ。
この働きが近くを見ても遠くを視てもはっきりとした映像を脳に移すメカニズムというわけです。
これに対して、近視の場合はレンズ(角膜と水晶体)で屈折した光のピントが網膜の手前であってしまうことになります。
この状態は、カメラで例えるならばピントが合っていないようなもので、見える映像もぼやけてしまいます。

近視になってしまう原因としては、すでに様々な学説が発表されていますが、ハッキリとした理由は一概に判定することはできないようです。
殆どの場合で、複数の要因が絡みあって近視になるということが最大の背景でしょう。
一般的には、遺伝的な要素と生活環境の影響が近視を引き起こすと言われています。

レーシックで近視を治すのは、生活の向上に非常に有効な手段ではあります。
しかし、レーシックはあくまでも手術ですから、それ相応のリスクは伴います。
可能であれば、あらかじめ近視になるのを予防するのが理想的といえるでしょう。

Main Menu

無料カウンセリング

実話体験談