レーシックまるわかりガイド

費用・安全性などについて検証!老眼や白内障の最新治療も!

レーシックまるわかり!
画像

フェイキックIOL

コンタクトレンズや眼鏡での矯正意以外に、近視を治す手段にはさまざまなものがあります。
一つは、眼の中に人工レンズを入れるフェイキックIOLという手術です。

フェイキックIOLは、光を屈折させる角膜と瞳孔の大きさを変化させて光の量を調節する虹彩の間の前房に『有水晶体眼内レンズ』という人工レンズを挿入して虹彩組織に固定し、視力矯正する手術です。

フェイキックIOLでは、角膜を削る必要もなく水晶体を摘出する必要もないため、不具合があった場合に人工レンズを摘出するだけで元の状態に戻すことが出来ます。
角膜を削る必要がないため、角膜の状態などからレーザー屈折矯正手術が受けられなかった人でも手術を受けられる可能性が高いです。
また、強度近視・乱視・遠視も矯正できるのがメリットです。

しかし、一方でデメリットもあります。

・一人一人レンズを作るために、レンズが届くまでに1ヶ月から3ヶ月掛かる。

・眼に強い衝撃が加わった場合はレンズが外れることがある。

・レンズにタンパク質や脂肪組織などの汚れが付着することがある。

・アレルギー体質の場合、アレルギー反応が起こる場合がある。

・夜に光を見た際にギラつきやまぶしさを感じることがある。

・眼圧が高くなる可能性がある。

・白内障手術の際は取り外す必要がある。

・手術費が高い
というものです。

フェイキックIOLよりもなじみ深いのが、レーザー屈折矯正手術(レーシック)です。
今ではレーシック技術が目覚ましく進歩しており、『イントラレーシック』『アイLasik』『マイクロケラトーム』『ウェーブフロントLasik』『エピLasik』などの様々な手術機器・方法がありますが、基本的なメカニズムは同じです。

まず、通常のLasikの場合はマイクロケラトームという機器を使用して角膜表皮をスライスしてフラップ(ふた)を作成します。
イントラの場合はイントラレースでフラップを作り、エピLasikの場合はエピケラトームでフラップを作ります。

フラップをめくり、エキシマレーザーという非常に強いエネルギーを持ったレーザーを角膜実質層に照射して一部を削ります。
角膜を削って凹レンズのようにすることで光の屈折を調整し近視の矯正が可能になります。

その後めくったフラップを元に戻して自然に強度が回復していきます。
(エピLasikの場合はフラップが自然に剥がれ落ちて再生します。
) 症例数も多く、安全性の高いレーシックにもデメリットは存在します。

・強度近視、乱視の場合は手術が受けられない可能性がある。

・角膜の厚さが一定以上ないと受けられない。

・術後眼に強い圧力が加わったり顔に衝撃が加わるとフラップがずれる可能性がある。

・ドライアイやハロー・グレア現象などの合併症の可能性がある。

・視力がどの程度回復するかは個人差がある。

というものです。

どちらの手術にしても、病院・医師選びが成功のカギを握っています。
術前の検査は非常に重要ですので、慎重に信頼できるクリニック選びをしましょう。

Main Menu

無料カウンセリング

実話体験談