レーシックまるわかりガイド

費用・安全性などについて検証!老眼や白内障の最新治療も!

レーシックまるわかり!
画像

なぜメガネやレーシックで視力が向上するのか?

レーシックが最近では有名なスポーツ選手や著名人が手術を受けるようになった影響もあってか、その知名度や人気が高まってきています。
しかし、レーシックが日本に登場する以前は、ほとんどの近視の人はメガネやコンタクトレンズで視力を矯正していたかと思います。
では、なぜメガネやコンタクトレンズをかけると視力を矯正することができるのでしょうか?

そもそも近視用のメガネというのは、凹レンズとよばれるような、中央がちょっとだけへこんでいるレンズが採用されます。
ちなみに、これはコンタクトレンズの場合でも同様です。
凹レンズの働きは、光線を広げる方向に屈折させるということ。
そんな性質を持っているからこそ、近視の矯正に用いられるわけですが、これを目の前に置いて、目に入ってくる光の方向を変化させることによって、角膜と水晶体の屈折力を踏まえたうえで、ちょうど網膜にピントが合うように補正することが出来るのです。

眼鏡はあくまでも眼の中に入ってくる光の「入り方」を調整する道具で、眼球に対して根本的な治療というわけではありません。
当たり前の話ですが、眼鏡を外してしまえば、もとどおり視界はぼやけてしまうでしょう。
それがメガネのデメリットであり、不便なところと言えます。

反対に、凸レンズを使うと遠視の矯正が可能となるわけで、これは凹レンズとは正反対に、光を集めるような形で屈折させる性質を持っています。
これを目の前に置くことによって予め屈折させた光が網膜や水晶体を通るようにして、網膜よりも後ろにあるはずのピントの位置が網膜上にかぶさるように整えるわけです。

では、レーシックの場合はどのように視力を矯正するのでしょうか? レーシックというのは近視の新しい治療法として注目されている医療技術ですが、レーザーによって角膜の屈折力を変化させるというのが最も簡単な説明と言えるでしょう。

近視の眼の場合は、角膜と水晶身体で屈折させた光のピントが網膜の手前にあるということから、映像がぼやけてしまいます。
この眼に対して、角膜を少し削ってカーブをゆるくすることで角膜の屈折力を弱めて網膜の上にピントがくるように矯正するのです。
それがレーシックの手術の概要になります。

眼球に直接的に処置を施すわけですから、感染症などのリスクは少なからず存在します。
そういったリスクに対して私たち患者側が「優秀なクリニックを選ぶ」という形で未然にトラブルを防がなければいけません。
このサイトでは、その点についても紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

Main Menu

無料カウンセリング

実話体験談