レーシックまるわかりガイド

費用・安全性などについて検証!老眼や白内障の最新治療も!

レーシックまるわかり!
画像

屈折矯正手術の歴史

レーシックは屈折矯正手術の一種と考えられていますが、そもそも、この手術による屈折矯正は最近になって始まったものではありません。
近視の手術的な治療は非常に古くから試みられており、すでに18世紀ごろには水晶体の摘出による近視の治療が行われていました。
しかし、現代の近視矯正手術のルーツは戦前の日本にあると考えられています。
角膜に外科的な層さをくわえることによって、近視を改善する治療を世界に先駆けて臨床応用したのは、順天堂大学の佐藤先生だったそうです。

この佐藤先生が試みたと言われているのが、角膜前面後面放射状切開術というもの。
これは、角膜の表面と後面に放射状に切り込みを入れるという方法で、昭和20年代に実際に行われたそうです。
近視治療に対しては、ある程度の成功をおさめることが出来たものの、それは完成というには程遠いものだったのだとか。
角膜の後面の切開によって、角膜の維持に必要不可欠といわれている内皮細胞が障害されて見えなくなってしまう症例が多かったのです。
そのため、長期的にみた結果としては芳しいものではありませんでした。

この経験が日本に置ける近視手術に対しての慎重な姿勢を形成させ、現在にいたると考えられています。
もちろん、レーシックの登場によってそれも改善されつつあるわけですが、この術式自体はその後様々な変遷を経て、角膜放射状切開術というものに昇華されていきます。

結果的に、これは非常に有効な近視手術のひとつとして認知されており、ここに本格的な屈折矯正手術が始まりました。
1980年代にはアメリカにおいてRKの大規模な試験もおこなわれており、世界的にもある程度効果を発揮するということが認知されたのです。
その一方において、1975年にはエキシマレーザーというものが開発されて、1980年代から眼科における臨床での応用が始まります。

これを機会に、屈折矯正手術は大きく改善されていくことになります。
このレーザーによって光のエネルギーが分子間の結合をかい離させて、光切除によって角膜をサブミクロン単位で平滑に切除することができるのです。

エキシマレーザーで角膜を面状に正確に削るPRKという手術方法は、それまでのものと比較すると非常に画期的なものでした。
従来のRKという手術に比べると、短時間で手術することが可能なうえに、精度も高められるというメリットがあったのです。
しかし、その反面で痛みがあることや視力回復に時間がかかるなどの欠点があることも否めません。
これらの欠点を補ったものとして誕生したのがレーシックです。

Main Menu

無料カウンセリング

実話体験談