レーシックまるわかりガイド

費用・安全性などについて検証!老眼や白内障の最新治療も!

レーシックまるわかり!
画像

レーシックで遠視になったというのは本当か

眼が悪い人にとっては、コンタクトレンズもメガネも要らない生活って本当に憧れますよね。
私もずっと視力が悪くて矯正生活を送っていたのですが、レーシックをしてからは裸眼で生活できる喜びを感じています。
その体験談をお話ししますね。
私がメガネをかけ始めたのは、中学校1年生のときでした。
春先に行う視力検査でひっかかってしまったのです。
その時は確か0.5か0.6くらいだったと思います。
教室で後ろの方になってしまうと黒板が見えにくいので、授業中だけメガネをかけることにしました。
でも、一度視力が落ち始めるとそこからは早いもので、中学校を卒業するころには0.1ほどに落ちてしまっていました。
高校に入学してからは親を説得してコンタクトレンズを使い始めました。
眼科医と相談してハードコンタクトレンズをしていたのですが、慣れるまでの生活は大変なものでした。
その上、部活は運動部に所属していたので、ちょっとしたことですぐにコンタクトが外れてしまうんです。
風が強い日には砂ぼこりが入って痛くてたまらないし、コンタクトレンズの生活も快適とは言い難かったです。
大学に入ってからはソフトコンタクトレンズに変えました。
着用感そのものは快適でしたが、維持するにもお金がかかるし、何よりもレンズのケアが大変でした。
そんな中でレーシックの広告を見ました。
レーシックは、角膜を専用のレーザーメスのようなもので削り、それで視力矯正を行う手術だそうです。
有名なスポーツ選手もしている手術だそうで、一気に興味を持ちました。
でも、そうは言っても有名なスポーツ選手が行うような手術です。
きっと手術代も桁違いに高いに違いありません。
…そんな風に思っていました。
ところが実際の手術費用は20万円から30万円ほどのお値段でした。
当時私が使っていたコンタクトレンズはケア用品込みで1カ月3000円ほどかかっていました。
それなら今後10年間コンタクトレンズを使ったとして、十分ペイできる金額だと思いました。
そこで、レーシックに向けてバイトで手術費用を稼ぎました。
手術費用も貯まったので、いよいよ手術に向けて動き出しました。
でも、お金がたまったからと言ってすぐに手術が受けられるわけではないんです。
手術に耐えられるだけの眼球であるかどうかを検査しなくてはいけないそうで、まず事前検査の予約を取りました。
そして検査をした結果、手術を受けても問題がないということだったので手術を受けることになりました。
手術そのものは想像以上に簡単なもので、緊張している間にあっという間に終わってしまったのを覚えています。
見え方は、手術後から変化を感じました。
しばらくはコンタクトが乾いた時のようなぼやけ方をしていたのですが、だんだんと違和感なく見えるようになっていき感動しました。
特に、メガネもコンタクトもなしに遠くのものが見えたのは凄い感覚でしたね。
逆に、近くのものが見えにくくなって遠視になったのかと思いましたが、術後の健診で「近くのものが見えにくいのは、正常の状態にまだ目が慣れてないだけ」とおっしゃっていただいたので安心しました。
その通り、3週間ほどで見え方が安定してきました。
術後はしばらく見え方が不安定になることもあるそうですが、問題はないそうです。

Main Menu

無料カウンセリング

実話体験談