レーシックまるわかりガイド

費用・安全性などについて検証!老眼や白内障の最新治療も!

レーシックまるわかり!
画像

レーシック手術を受ける際の割引について

最近、多くの人がしている視力矯正術であるのが、レーシックです。
目の角膜に特殊なレーザーを当て、角膜の形状を変えることで屈折率を変え、視力を回復させる方法です。
欧米では一般的に行われており、日本ではここ十数年の間に広く浸透しましたが、それに伴い、レーシックを行うクリニックの数も増えました。
クリニックの数が増えるとおのずと発生してくるのが、価格競争です。
もちろん、それぞれのクリニックの医師の技術やサービスなどを重視する人も多くいますが、アピールする点といえば、各クリニックでは価格面でのアピールが最も目立ち、それぞれに色々な料金体系や割引制度を提供しています。
消費者にとって、各クリニックで行う施術の価格も、病院選びの重要なポイントとなっているのです。
複数のクリニックで行われているのが、クーポン券の発行です。
レーシックの手術を受けた人を通じて家族や友人などに紹介する際のためのクーポン券を発行し、その割引額は1万円から5万円程度です。
また、2人以上で適応検査や手術を受けた場合に数万円程度の割引が受けられる制度や、手術を受ける曜日によって割引率の幅が大きくなる制度などがあります。
実は私もクーポン券を利用した一人ですが、インターネットの掲示板でクーポン券を譲っていただき、その紹介制度によって5万円程の割引があたっため、かなりお得に手術を受けることができました。
私が手術を受けてもらったクーポン券は、今度は夫や私の弟が使い、皆で合わせると15万円も得したのです。
レーシックの手術を扱うクリニックは、一般的に都市部に集中している傾向にあるため、そこへ行くまでの交通費や宿泊費などが手術代以外に余計にかかってしまいます。
通常、この手術は10分程度で終わる手術のため日帰りでの手術が可能ですが、翌日には必ず術後の検査を受けなければならないため、遠方の人は宿泊をすることが必要となるのです。
そこで、あるクリニックでは、それらにかかった費用をサポートしてくれる制度があります。
指定の都道府県以外の場所から来院した場合に、最大で1万円程支給されたり、クリニックの近隣にある指定ホテルに格安で泊まることができること、あるいは無料で宿泊ができるなどのサービスがあります。
ただし、手術の後、1年間の間は何度も定期的に検査がありますが、この交通費や宿泊費のサービスは1回限りとなる場合が多いので注意しましょう。
小さなお子様がいる方には、託児所を紹介してくれるサービスや、そこでかかった費用についてサポートしてくれる制度もあります。
そのほか、モニターという制度もあります。
あるクリニックでは、毎週、応募者の中から数名に限り、手術費用が無料になったり半額になるなどのサービスがあります。
ただし、この制度を利用するためには、交通費のサポートが受けられないことや、40歳以上であれば検査内容や施術内容が変わるため追加料金が発生する事、また、必ず両目で手術を受けなくてはいけないことなどクリニックによって様々な条件がありますので、確認することが必要です。
視力が回復することで、ものの見え方だけでなく、価値観が変わったり、活発になるなど様々な利点がありますので、気になる方は一度検討してみることがお勧めです。

Main Menu

無料カウンセリング

実話体験談