レーシックまるわかりガイド

費用・安全性などについて検証!老眼や白内障の最新治療も!

レーシックまるわかり!
画像

レーシック手術の割引券

1年ほど前にレーシックの治療を受けましたが、知人からの紹介を受けたクリニックを利用したため、割引券が利用できました。
こうした割引券はネット上のホームページなどでも配布されているようですが、ただ、特別割引券が適用になるのは、結構高いほうの手術で、なんでも額面分だけ引いてくれるというわけではないことも、よく調べてみるとわかりました。
とはいえ、健康保険が効かないのがレーシックですから、5万円といえども安くなるのは有難いことなので、さっそく使わせてもらうことにしました。
このレーシックの費用というのは、単純に手術だけではなく、事前の眼球検査にもお金がかかりますし、術後の保証内容と、薬などの付帯費用の総計で支払うことになりますので、ホームページなどに表示されている手術費用だけでは収まらないことが殆どだと思います。
実際私も30万前後の手術を行うことになりましたが、乱視のための検査に最新機器を利用することでプラス15万程度の費用が必要となりましたので、総額で50万円程度はかかってしまった感じです。
したがって5万円の割引でもせいぜい総額の1割引程度という感じでした。
しかし、全体として、いろいろと説明を聞きますと、とにかく新しい機器を使うとライセンス料が発生したり、お金がかかることが多くあるので、この手術に関する限りはセット料金でまとめていくらというのはやはりありえないのではないかという印象が非常に強くなりました。
むしろ、一つ一つの機器の役割をよく聴いて、どれを使うことが効果的なのかを判断した上で、適切な手術をおこなってもらうように交渉することのほうが、数万まけてもらってセットでいくらという料金交渉をするよりもかなり安心なのではないかと思いました。
実際クリニックからは見積もり表のような形で、何にいくらかかるということがかなり精密にでてくるようになりますから、その説明を受けて、現状ではその手術の形態がもっとも適切かどうかについてのドクターの見解を聞いたうえで、実施を決めていくのが一番だと思います。
その中で割引券が使えるのであればラッキー程度の効果なのではないかと個人的には思っています。
つまり料金ありきで手術の中身を決めないほうがいいと思います。
私がこれまで様々な形で複数のクリニックから聴いた情報をまとめてみますと、激安のレーシック治療というのは殆どありえないということです。
最新のレーザーや検査機器はすべて一回の手術でメーカーに支払うべきライセンス料といったものが決められていて、クリニックごとでもほぼ横並びになっていますから、極端に安いところというのは少なくとも新しい機器を使っているクリニックにはありえないという印象を持ちました。
調整ができるとすれば医師の技術料の部分に違いああるたけで、広告をやらないとか様々なコストのセーブや扱い件数を増やすことで薄利多売にするといったことは多少行われているようではありますが、いきなり同じサービスが半額とか7割引にはならないというのが私が見聞きしてきた内容による結論です。
ですからあまり安くなることだけに気をとられずに手術の実質的な中身をしっかりチェックしたいものだと思います。

Main Menu

無料カウンセリング

実話体験談