レーシックまるわかりガイド

費用・安全性などについて検証!老眼や白内障の最新治療も!

レーシックまるわかり!
画像

レーシック手術で眼球突出する恐れについて

レーシック手術が視力の向上を目的に行う治療方法で、眼鏡をかけてもぼやける方やコンタクトレンズを付けてもかすんで角膜に影響が出る方がこの手術を受けることがあります。
しかしこの手術の成功例は近年成功している確率が50%ぐらいになるので、場合によっては失敗することもありますが私の母のように一度の失敗でくじけずにもう一度手術にチャレンジすることもあります。
私の母は昔、家庭教師の先生をやっていたのですが生徒に勉強を教えている最中突然目がかゆくなって授業時間を減らす結果になることが何度かありました。
母の目は実は角膜が傷ついているため、その度に目の水晶体あたりがかゆくなったり痛み出す症状が起こりますが、母はそんなことを気にする方ではないため病院に通わず自分の目を放置したまま生徒に授業を行いました。
ある日生徒に授業を教えている最中、母の片方の目から白い液体が出始めたため、授業を一旦中止して鏡で調べたところ、白い液体が出ていた目が眼球突出していました。
母は急いで眼科に行って眼球突出した方の目を先生に診てもらったところ、先生の診断の内容は角膜や水晶体が傷んでいることが原因で中で密着していた眼球が外げ押し出されている現象が起きたという結論になり、母は病院の先生にどうしたら治るのか訊ねたところ先生曰く一旦突き出ている目を中に押し戻し、その後角膜と水晶体をレーザーで取り除き別の物と取り替える手術を行えば、昔のような何もない健康な目を取り戻すことができると報告してくれました。
そして母は自分の目を治すために家庭教師の仕事で貯めたお金を全額払う覚悟でレーシック手術を受けることを心に決めました。
しかしレーシック手術の成功例は最初から現在に至るまで、そんなに数は存在せず実際に成功した人の感想が聞けるわけでもないので、詳細は不明のままですが母はこのままの状態を続けるよりはマシであると考えているので、母の心の中には手術に対する不安や悩みが一切ありません。
この手術を決めた5日後に母は手術を受けることになりますが、結果母の眼球突出した目は無事正常な目に戻っており、かゆみや痛みもなく何を観察しても問題ないくらい回復していましたが、先生が言うには空気によって手術した目が悪化する恐れがあるので、温度の高い場所や乾燥している場所には近づかないように忠告されました。
それはレーシック手術して間もない状態の時に温度の高い場所や乾燥している場所に入ると目の中の水分が蒸発して消える可能性があるので、手術した目はそれに耐えきれず角膜や水晶体に水分がなくなると同時に剥がれる可能性があります。
ですが手術して剥がれてももう一回手術を受けることできるので問題ないですが、病院で移植用に保存している角膜や水晶体は量に限界があるので、一回目の治療は多少安くなっていますが、二回目となると治療費が最初の時より倍になる可能性があるので注意しないといけません。
しかし私の母はそういった注意にも耳を傾けていたため、逆に水分を含んでいる場所に移動して自分の目を潤すトレーニングをしています。
目を乾かしたり温度を上げたりする場所とは違い、水分を含んでいる場所は主に室内プールや湿気が多い場所など存在します。

Main Menu

無料カウンセリング

実話体験談