レーシックまるわかりガイド

費用・安全性などについて検証!老眼や白内障の最新治療も!

レーシックまるわかり!
画像

技術も進歩しているレーシック

メガネやコンタクトレンズをしていると、一日の終りに目の周辺がかなり疲れているのを感じていました。
外回りの仕事の時はまだいいのですが、一日パソコンに向かって仕事をしている日はひどく疲れていました。
一度休憩に入って目の周辺をマッサージすると、再びパソコンに向かう気力がわかない日もあったぐらいです。
私はプライベートでよくスポーツを楽しんでいます。
その日の気分で自転車に乗ったり、水泳を楽しんだり、ジョギングをすることもあります。
週末はサッカーやフットサル、スカッシュを良くするのですが、この時もメガネやコンタクトレンズがじゃまになってしまいます。
メガネはもちろんですが、コンタクトレンズもスポーツをしていると意外に外れやすく、サッカーの試合中などに、コンタクトレンズが外れてしまうとレンズを探すのにも一苦労ですし、予備のコンタクトと交換する際も、清潔な状態でコンタクトレンズを装着するのは難しくなってしまいます。
仕事やプライベートでメガネやコンタクトレンズの弊害に悩んでいた時、レーシックのことを知りました。
初めてレーシックのことを知った時には、まだそれほど普及しておらず、情報を集めたのですが、あまり多くの情報を集めることはできませんでした。
集められた情報から分かったことも、まだ発展途上の治療というイメージがして、技術的にもこれからの部分があるのではと治療は見送りました。
ここ数年、メディアや私の周囲でもレーシックの話題が出ることが多くなりました。
友人でも数名、治療を行なって、良好な術後の経過をたどっていると話していました。
若干、ドライアイなどのトラブルもあったようですが、術後のケアをすれば対応できる範囲内だと友人は話しています。
メディアでも視力をレーザー手術で取り戻すと、よく取り上げられています。
もちろん、どんな治療でもメリットもあればデメリットもあり、リスクがゼロというものはありません。
しかし、治療の技術の向上や治療実績が多くなったことで、かなり状況は変化しているようです。
有名なプロゴルファーや日本人のサッカー選手が治療を行ったことで、更に広く世間に知られることになったレーシック、角膜の表面を薄く削って、角膜のカーブを変えることで近視はもちろん、卵子や遠視も強制できるものです。
レーザーによる視力矯正手術の代表格で、治療を行なっている件数も多く、情報も集めやすくなっています。
PRKやLASEKと呼ばれる手術法もあり、それぞれにメリットがあります。
治療の前に自分の目のコンディションをよく把握し、眼科医とよく相談してどのような治療法が適切なのかを確認することが大切になります。
そして、技術が進んでいるからといって、誰にでも手術が可能なわけではなく、目の状態によっては、手術ができない場合もあることを知っておくことも大切です。
私もレーシックについて情報を集め、複数のクリニックで眼科医に相談して決めました。
技術的な知識も把握する必要がありますし、術後のケアに関しても眼科医やクリニックによって違いもあります。
担当してもらう眼科医とよく相談して、納得した上で手術を受けることをおすすめします。
手術がうまく行けば快適な裸眼生活が待っています。

Main Menu

無料カウンセリング

実話体験談