レーシックまるわかりガイド

費用・安全性などについて検証!老眼や白内障の最新治療も!

レーシックまるわかり!
画像

強度近視の方などレーシックを受ける際に注意が必要なケース

数年前から、私は近視の状態を改善する為にレーシックの手術を受ける事を計画していました。
この手術を受けるにあたり、各クリニックのリサーチを行ない、手術に必要な費用、術式の違い、手術に用いられるレーザ機器の種類、アフターケアでの注意事項などを前もって調べ適応検査を受ける事に決めました。
この適応検査では二時間程度かけて、手術に必要な多種多様なデータが収集されます。
この手術は手術箇所が眼球でるために、このような精密な検査が必要になるのですが、私の選んだクリニックでは十分に時間をかけて、しっかりと検査をしてくれました。
この適応検査では手術が可能かを判断する為に、眼圧、角膜の厚さ、角膜の屈折率などが調べられました。
そして、この適応検査の結果を踏まえ、担当のドクターから強度近視で手術が通常よりも難しくなる事を告げられました。
私のような強度近視の場合は、この手術が困難になる事があり、その他にも様々な要因から手術が難しくなるケースがあります。
ここでは強度近視の方などレーシックを受ける際に注意が必要なケースについてお話致します。
先ず最初に、この手術は近視矯正に適した優れた手術で、この症状を改善するのに効果的な手術ではあるのですが、強度な近視の場合には手術を施すことが困難になる事があります。
これは眼科で用いられる視力の単位により明確に判断できるもので、この単位で近視の度数が一定以上で、乱視の度数が基準よりも強い強度近視の場合は手術が困難になります。
これは手術により削る角膜の厚みが非常に大きくなり、許容範囲を超えてしまう可能性がある為に、手術が困難になるからです。
このようなケースでは他の手術を併用して、強度の近視を矯正するレーシックの手術を受ける事が必要になります。
私の場合は強度の近視で角膜の厚みは薄いものの、通常の手術が可能な範囲であり、適応検査により詳細な眼球と角膜の状態を調べてみても手術が受けられる状態であったために、手術をして近視を矯正することができました。
このような手術ができるかどうかの判断は検査結果に加え、担当のドクター、目の状態、術式などにより異なり、強度の近視だと絶対に手術を受けられないということではないので、適応検査で近視の状態を調べてもらい、ドクターに相談に乗ってもらう事が必要になります。
そして、私の手術を担当してくださったドクターのお話では、レーシックの手術が困難になるケースとしては、18歳未満の若い方や60歳以上の高齢の方、眼に何らかの疾患がある方、妊娠中や授乳中の女性の方、内的疾患を患っていらっしゃる方などがあるとの事でした。
又、私の場合は仕事の関係上コンピューターを使うことが多いのですが、術後一定期間は仕事での目の酷使を控え、点眼薬の使用などを守り、アフターケアを徹底して行うことが必要であると教わりました。
私のように手術後に一時的な症状で仕事に支障が出てしまう事があるような場合には、予めドクターに相談しておき、適切な対処法についてアドバイスを受けておく事が重要です。
このように強度近視の方がレーシックを受ける場合には、このようなポイントを理解しておく必要があります。

Main Menu

無料カウンセリング

実話体験談