レーシックまるわかりガイド

費用・安全性などについて検証!老眼や白内障の最新治療も!

レーシックまるわかり!
画像

レーシック手術後の近視戻りを防ぐ為のポイント

私は十年ほど前から重度の近視に悩まされていました。
私の近視の状態は、近くのものは正常に見えるのですが、遠くはぼやけてしまい正確に見る事が出来ません。
私の場合は子供の頃は視力は良く遠くまで見る事が出来たのに、高校生くらいから次第に視力が落ちてきました。
これは多くの近視の方に該当するもので、勉強時間が長くなったり、デスクワーク中心の仕事をはじめた途端に、大きく視力が低下することが多くなります。
私も高校生の頃から勉強時間が長くなり、パソコンや携帯電話を頻繁に使用する生活習慣になっていたために、近視の症状が次第に進行していきました。
従来では、このような近視になってしまったら、コンタクトやメガネで視力を矯正するしかありませんでしたが、現在では医療技術の飛躍的な進歩と共にレーシックが普及し、近視を治す事ができるようになっています。
その為、私はメガネやコンタクトの使用の煩わしさから解放される為に、この手術を受ける事を決めました。
最先端の技術を駆使した視力矯正であるレーシックは、古典的な手法で視力を測るだけでなく、精密な検査で眼の状態を総合的に分析します。
視力が極度に悪いと、メガネのレンズが非常に分厚くなったり、重度の近視の場合は対応できるコンタクトがない場合もあります。
私の場合も適度なコンタクトレンズを見つける事が困難で、非常に苦労していました。
しかしながら、この手術は私のような強度の近視を回復させる効果があり、重度の近視の方の場合は高い確率で視力が大幅に回復しているのです。
このような近視を回復できる数多くのメリットがきっかけとなり、私はこの手術を受ける事を決意しました。
近視の方がこの手術を受ける前には、予め幾つかのポイントを理解しておく必要があります。
私は手術後に一時的に近視戻りの症状を経験しました。
この手術後の近視戻りの症状を回避する為には、このような症状を発症させる要因を把握し、注意しておく事が大切になるのです。
ここではレーシックの手術後の近視戻りを防ぐ為のポイントについてお話致します。
先ず最初に、レーシックの手術を行った後、視力が回復したにもかかわらず近視に戻る事があります。
この原因はパソコンやゲームで目を酷使する事が原因になります。
パソコンやゲームなどを長時間使用すると、目に大きな負担となる事があります。
その為、適度な休憩をいれ、定期的に目の状態を回復させてあげる事が重要になるのです。
更に、このレーシックの手術後には、特殊なメガネをもらいます。
特に、一時間以上目を酷使するような場合は、この専用の遠視用のメガネをつけパソコンなどを使用する事が大切です。
私も近視戻りの症状を経験してからは、この遠視用のメガネをかけパソコンを使用しています。
そして、手術を受け近視を矯正する前には、ドクターに相談して近視に戻りにくい手術を選び、このような後遺症に備える事も大切です。
万が一、手術後に近視に逆戻りした場合には、術後の一定期間を経過した時点で再手術を受けることが可能ですが、このようなトラブルを避けるためにも、予め近視戻りを防ぐ事ができるケアについて熟知しておく必要があります。

Main Menu

無料カウンセリング

実話体験談