レーシックまるわかりガイド

費用・安全性などについて検証!老眼や白内障の最新治療も!

レーシックまるわかり!
画像

レーシックの経年変化について思ったこと

最近では、レーシックの知名度も随分上がったなという感じがします。
レーシックが出始めた時は私はまだ子供でしたが、その時は魔法の治療だなと感じていました。
その後、大人になって実際に手術を受けてみましたが、その経年変化と合わせて書きたいと思います。
そもそも、どうして私がレーシックに興味を持ったかと言うことからお話したいと思います。
私は中学3年生くらいから、視力ががくんと落ちてしまいました。
裸眼で1.0あった視力は、みるみるうちに0.7、0.5そして0.1へと落ちて行きました。
一度落ちると本当にそこからは早いものでした。
中学高校は親のすすめもあってメガネをかけていましたが、メガネではおしゃれも決まらないし好きなメイクもできないし、結構ストレスを感じていました。
それで大学に入ったのをきっかけにコンタクトレンズに変えたのです。
でも、コンタクトレンズに変えて、おしゃれなども大分好きにできるようにはなりましたが、やっぱり不便に感じていました。
それで、バイトで貯めたお金で手術を受けることを決めました。
手術を受けるきっかけになったのはいくつかあります。
まず、「好きなメイクができない」ということ。
マスカラのカスやラメが目に入ってしまうことも多く、またクレンジングオイルが目に入ってコンタクトにつくと曇ってしまうんです。
メイクは大分コンタクトの妨げにもなっていました。
次に「ケアが大変」ということです。
毎晩こすり洗いをしなくてはいけないのですが、授業やバイトでくたびれている時には面倒で大変でした。
また、旅行に行く時もこのケア用品がかさばって大荷物になることにストレスを感じていました。
そして3つ目に「コンタクトの維持費がかかる」ということです。
コンタクトレンズを維持するためには、レンズ代を始めとしてケア用品・目薬・健診代と多々かかってしまうのです。
1カ月にかかる維持費は5000円くらいだったかな。
年額6万円は結構なお値段でした。
レーシックの手術代が25万円くらいだということを考えても、コンタクトレンズ5年分と相殺できるわけです。
これからまだ30年以上コンタクトを使っていくと考えたら、レンズ代だけで180万円…。
これが一番のきっかけでした。
そんなわけで裸眼での快適な生活を求めて治療を受けることを決めました。
いくつもクリニックの口コミを読んで、メリットもデメリットも把握したうえで手術前健診を受けることにしました。
ここで手術できるか否かが決まるそうなのですが、私の眼は合格だったようです。
無事に手術を受けることができ、裸眼でも遠くまで見える生活を手に入れることができました。
メイクにも支障がないし好きなメイクができてうれしいです。
それに、旅行の荷物も随分軽くなりました。
そこで肝心なのは経年変化です。
わたしはデスクワークの仕事についていますが、術後1年経っても視界はクリアなままでした。
そして、現在は術後3年が経過しますが、視力は1.2を保ったままです。
時々目がシパシパしたりすることもありますが、眼を使う仕事だからだと思います。
術後の健診をしっかり受診して、不安なことは担当のお医者さんにしっかり相談しておくと良いと思います。

Main Menu

無料カウンセリング

実話体験談