レーシックまるわかりガイド

費用・安全性などについて検証!老眼や白内障の最新治療も!

レーシックまるわかり!
画像

増加し続けるレーシック件数

海外の人から見た日本人のステレオタイプはどんな感じか知っていますか。
日本人といえば最新のガジェット(デジカメや携帯電話ビデオカメラなど)を持っている、おしゃれな服装でそしてメガネと国際板の掲示板などで書かれているのを見かけます。
昔から変わらないイメージがメガネなんです。
それというのも日本人は元々近視になり易い体質を持っているからです。
メガネをしていると印象が悪くなりますし、付けている本人にとっても煩わしいです。
そんなメガネの悩みを抱える人を救ってくれるのがレーシックという眼科で受ける手術です。
レーシックは1990年に初めてギリシャで行われてから世界中に広まり、特にアメリカでは視力を回復する屈折矯正手術はレーシックが主流になっています。
90年代後半にタイガーウッズが手術を受けて、その後数々の大会で輝かしい成績を収めるようになったことはよく知られています。
それを受けて多くの有名スポーツ選手がレーシック手術を受けてニュースになり一般の人々にも浸透していきました。
日本では2000年になってようやく厚生労働省によって認可されました。
認可された当初は角膜にレーザーを当てることに不安を感じる人がおり、様々な誤解がマスコミに取り上げられたことがありましたが、安全で短時間で終わる手術であることが徐徐に知られて、手術者数は増加し続けています。
始まった2000年頃には年間2万人程度であったのが、近年では年間40万人に件数が増加して多くの人が視力を回復してメガネを卒業しています。
アメリカの医学専門誌で「Archives of Ophthalmology」2009年11月号で、レーザー手術による近視の矯正は長期的に見ても安全だという研究結果が発表されています。
これだけ浸透している手術ですから身近な人のなかにすでに受けたという方もいるのではないでしょうか。
自分を含め私の知人にも何人か経験しています。
安全な手術であることは手術を受けて数年経ってもトラブルは一切なかったので言えるでしょう。
自分自身のもともとの視力や角質の厚みの問題で受けられる手術の術式は限られますが、眼科で専門医の指導のもとに進められる術式を施術してもらえば確実に視力は回復します。
経験では0.02だった視力は術後すぐでは1.5まで見えるようになりました。
その後すこし落ちて4ヶ月後には1.0で落ち着きました。
そのままの視力を維持できているのでこの先メガネをかけることはないでしょう。
メガネをかけないと印象が変わります。
表情が明るくなったと言われますし、優しそうな印象に変わります。
実際にメガネとコンタクトを使わなくなった後では初対面の人と話し易くなった気がします。
また、メガネとコンタクトの取替え費用がかからなくなったので、コスト的にはとてもお得でした。
コンタクトを付けるには定期的に眼科に通う必要がありましたが、それからも開放されて楽になりました。
いいこと尽くめのようですが本当の話です。
大切な自分の目の問題です。
信頼できる眼科を探してよく相談にのって貰い手術を受けるかどうか判断してください。
アフターフォローをしてもらうのを考えると病院が通い易い場所であるといいでしょう。

Main Menu

無料カウンセリング

実話体験談