レーシックまるわかりガイド

費用・安全性などについて検証!老眼や白内障の最新治療も!

レーシックまるわかり!
画像

レーシックは健康保険対象外だよ

レーシック、結構な高額医療だけれど、最近は扱っている店舗も増えてきたのがとてもうれしい。
店舗を選択する余地がうまれるからね。
ただ、残念なことは健康保険の対象外だということ。
美容整形と同じで「自由診療」扱いだからね。
高額医療だから出してほしいのだけどね、必須じゃないものは補助が相当出にくいのと健康保険自体赤字だからしばらくは無理だね。
それに、日本人って半分以上がメガネやコンタクトを使っているようだから、その人たちすべてに対応ってことは実質的に無理と言わざるをえないかもしれない。
悲しい現実がここに。
高額医療だけど、仕方がないから潔く諦めて、別の道を考えようね。
でも、レーシックの場合は医療費控除の対象になる場合があるからその点はいい。
その年の医療費が結構かかかっているなら、同年度に施術して医療費控除に加算するのが効率的だね。
それに生命保険加入の場合は保険の対象になってるかもしれないよ。
実はそのことも考えて私は生命保険に加入したしね(1年たってもまだ施術してないけど)。
高額医療保障とかいろいろな名前でうたい文句にしてるから、一度見てみるといいよ。
保険を見直してからレーシックを考えるのもありかもね(ただし、レーシック目的だけで加入すると認められないこともあるので注意。
今ある保険の延長程度で考えてね)。
それに、取り扱い店舗が増えたことで、レーシック費用も競争価格なのか安くなってきたようにも思う。
色々お店なりの特徴とかも出てきたしね。
施術の詳細な説明なんかも見られるから、よくよく選んで始められることはとてもいいことだと思う。
価格が安すぎて心配な面も出てくるけど、そこは自分の選択次第だね。
価格をかけすぎても安すぎても内容はほぼ一緒、なんて事にはなりたくないからね。
健康保険の対象外と言ってもやっぱり医療行為。
高い病院はアフターケアがしっかりしている所が多いようだし、そこはちゃんと見ておいた方がいいでしょうね。
最近は口コミ評価が信用おけなくなってきたので、ほかも色々総合的に判断した方がいいからね。
私は色々な店舗から資料を集めて、説明だけ受けたよ。
それでどこの病院で施術するかを決める予定(ほぼ確定だけどね)。
事前に説明をちゃんとしてくれない病院、対応が嫌になる病院は施術しても心配が残るからね。
そんなところは除外してる。
高額だし、自分にとってこの上なく重要な将来に影響してくるからね。
準備は入念すぎてダメなんてことないよ、むしろこれでもかって位に選び抜こう。
忘れているかもしれないけど「施術したら終わり」じゃないからね。
定期検診とかが必要になるからね。
お医者さんは親身になってくれるところ、説明が明瞭でわかりやすい所が安心感が持てていいと思う。
種類と費用の差、効果、副作用、料金等の説明は病院目線の説明か、患者目線の説明かで結構変わってくるからね。
無駄に料金高めの設定をしてくるところは口達者で進めようとするから、これも注意ね。
同じ質問を色んな病院でどうこたえるか比べてみるとわかるよ(全く同じ文句を言うから、系列病院のマニュアルかって思ったこともある)。
まあ、健康保険の対象外なのは今後も変わらないと思うから、生命保険や医療費控除を活用してやり繰りしよう。
これから施術する人は費用の面だけじゃなく病院を良く選んで、自分に合った病院をみつけてね。
頑張って自分が「これならいい」って納得できる所を探そう。

Main Menu

無料カウンセリング

実話体験談