レーシックまるわかりガイド

費用・安全性などについて検証!老眼や白内障の最新治療も!

レーシックまるわかり!
画像

レーシックをするなら原眼科

とても人気のレーシック手術ですが、クリニックが多すぎて、いったいどこで手術をすればよいのか迷っている方も多いのではないでしょうか。
実は私もそう思っていました。
手術をする時、色々な情報を元にクリニックを決めると思います。
私も資料請求をしてみたり、ネットで口コミを見て説明会に参加したりしましたが、今ひとつ前に踏み出す勇気が持てませんでした。
私はとても恐がりなのです。
じっくり話を聞いてもらって、何かあったらすぐ対処してもらえる病院で手術をしてもらいたいと思っていました。
そんな時友人が、原眼科をおすすめしてくれました。
原眼科は栃木の宇都宮にあります。
都内からはちょっと遠いような気がしますが、東武宇都宮駅の目の前にありますので、電車だと便利ですよ。
原眼科はレーシックの専門病院ではなく、普通の眼科の病院です。
白内障や網膜硝子体手術などを行っているようで、なんといっても入院設備があるのです。
普通、専門のクリニックでは日帰りが基本で、入院設備はありません。
もちろん、こちらの病院でもレーシックは外来手術ですので基本的に入院することはないのですが、普段レーシック以外にも目の病気を診ている先生がいらっしゃるのは安心感が違うように私は感じました。
最近のレーシック手術はほとんどが機械ですし、あっと言う間に歯の治療のように終わると聞いてはいましたが、どうしても不安でしたのでこちらの病院について、話を聞くことにしました。
こちらの病院には理事長先生をはじめ、10人の眼科の専門医の先生がいらっしゃいます。
理事長先生は三代目、院長先生は4代目とのことで、ずっと宇都宮で医院を開業してこられただけあって、誠実な感じが好感が持てました。
手術までの流れは他のクリニックと変わらない感じでしたが、口コミなどでは他のクリニックよりは事前の適応検査が若干厳しいように思いました。
しかし、それも見切り発車をしないことにもつながりますので、ここで手術できないと言われたら諦めようと思って検査にでかけたのです。
手術を行うにあたり、説明があったのですが、他のクリニックのように術後の楽しい生活をイメージできるような説明ばかりではありませんでした。
もちろん、この眼科でも大手の専門クリニックでも、きちんと手術をして目標にした度数に結果的には持っていってくれるのですが、こちらはさすが普通の眼科です。
悪いこともきっちりと説明がありました。
例えば、手術後に期待したほど見えないと訴える人もいます、しかし、6ヶ月ほどは様子を見るように、ですとか、中高年の方は近視が良くなると老眼症状が際立つので術後に老眼鏡が必要になる場合がありますなどです。
他にもドライアイの症状が出る場合があるので、その時には点眼薬で治療するとか、術後の近視の戻りについても具体的にふれています。
中高年の方の近視の戻りはある程度歓迎されていて、遠くも近くも見えやすくなるなどはここで聞くまでまったく知らなかったことです。
私はとても誠実さを感じましたので、こちらでの手術をお願いすることに決めたのです。
ちなみに、術後の検査通院は翌日、一週間後、一ヶ月後と三ヶ月後、6ヶ月後にもあります。

Main Menu

無料カウンセリング

実話体験談