レーシックまるわかりガイド

費用・安全性などについて検証!老眼や白内障の最新治療も!

レーシックまるわかり!
画像

レーシックの原理について

レーシックは、今や眼鏡やコンタクトに代わる第三の視力矯正法として、広く知られています。
確かに、眼鏡やコンタクトの煩わしさから解放され、自分の裸眼で見えることが出来たら良いとは思うのですが、しかし、自分の眼に手術を施すとなると、腰が引けてしまいます。
そこで、今回は、これをを良く知るために、その原理について調べてみました。
まず、レーシックとは、目の表面の角膜にエキシマレーザーを照射し、角膜の曲率を変えることで視力を矯正する手術のことをいいます。
このエキシマレーザーとは、希ガスやハロゲンなどの混合ガスを用いて、レーザー光を発生させる装置で、視力矯正手術(屈折矯正手術)では、この光の波長が短いため、角膜の一部を必要なだけ正確に除去することが可能とされています。
熱は発せず、衝撃波がないため熱に弱い角膜組織に悪影響するものではありません。
ですから、エキシマレーザーを使ったレーシックの手術は、痛みをほとんど伴わず、視力回復が早いという点に特徴があります。
では、どのように角膜の曲率を変えるのか。
これを知るために、まず、近視の例により視力の構造について調べてみると、正常な人間の目は、光が角膜と水晶体を通って屈折し、網膜に像を結びます。
しかし、これが、近視の場合では、継続的または慢性的な刺激により、水晶体の厚さを調節する毛様筋が緊張しすぎて硬直状態となり、その厚さを調節することが困難となって、屈折が大きい状態のままになっています。
したがって、網膜の前方に像を結んでしまい、遠くの方がぼやけて見えます。
そこで、眼鏡やコンタクトの矯正では、凹レンズをつかって、屈折を調節しますが、レーシックの場合では、角膜にエキシマレーザーを照射して、中央部分を薄くすることで、屈折を弱めて視力矯正します。
つまり、角膜の表面と内面の曲率を変えて、凹レンズと同様の矯正を行い、焦点を修正するわけです。
では、実際に、手術はどう行われるのか。
技術自体は、戦前からあったのですが、当時は、角膜を切り離してから、後で縫い合わせるという方法が取られていたために、様々な弊害が発生していましたが、今日のレーシックでは、これを解消すべく、フラップを作成するのが特徴です。
その手順として、まず、レーザー機器もしくはマイクロケラトームと呼ばれる眼球用のカンナで角膜の表面を薄くスライスして、フラップを作ります。
このフラップとは、ふた状のもので、これをめくり、表出した角膜実質層にエキシマレーザーを照射して、一部を削ります。
その後、スラップをもとの状態に戻して、スラップを自然に吸収させます。
すると、角膜の中央部分が薄くなるため、角膜の曲率が下がり、凹レンズと同じ役割をして、近視が矯正されるというわけです。
もっとも、このスラップは、時間とともに強度には近づきますが、元には戻らず、強い外圧がかかるとフラップがずれることもあります。
このため格闘技選手など顔面に強い衝撃をうける機会が多い人には、向いていません。
その場合、フラップを作らずに、角膜上皮から削ることで、屈曲率を矯正するPRKや、フラップを再生させることの出来るラセックと呼ばれる同種の手術を選択することができます。

Main Menu

無料カウンセリング

実話体験談