レーシックまるわかりガイド

費用・安全性などについて検証!老眼や白内障の最新治療も!

レーシックまるわかり!
画像

レーシックの限界について

レーシック手術には限界があります。
手術を受ける事が出来ない場合があります。
緑内障や白内障や角膜の薄い人は受ける事ができません。
あとは強い近視の人もレーシック手術を受けられません。
この手術をにも限界があります。
これは、自分では判断できないので、まずは眼科で相談をしましょう。
もしかしたら、レーシック手術を受ける事が出来る可能性があります。
まずは相談ですね。
それで、緑内障の発見になるかも知れませんが、それはそれで、よかったと思いましょう。
緑内障は進行すると、失明の恐れがあるので、手術の相談で、発見できれば、それもいいと思います。
その代わり手術の限界を超えているため、レーシックは諦めなければいけません。
目の診察はとても大事なことです。
人間は年をとると目が疲れやすくなります。
レーシックをきっかけとして、目の健康に関心を持ちましょう。
40代の後半になると、老眼の可能性もあります。
これは手術の限度を越えます。
目は衰えていきます。
しかし、現代の医学で治せる目の病気はありますが、やはり限界があります。
それは、医師に相談をしてみないとわからない事です。
20歳未満の人も手術はできません。
近視が進行する可能性が高いからです。
20代から30代のうちにやっておきべきでしょう。
目は日常の生活にはおそらくは一番必要になるでしょう。
目の定期検診は40歳を過ぎたら、やった方がいいです。
目に関しては、他の体の部分と比べて、軽く見られがちです。
ですが、目を通じて生活をしているのです。
いきなり視力がなくなると、怖いですね。
視覚は大事なものです。
手術しなくても済めば、それが一番いいでしょう。
目の手術は様々な副作用があります。
眼薬は何種類かもらう事になりますが、手術をしたあとは医師に言われた通りに点眼をしましょう。
白内障も現在では、手術出来ます。
緑内障は点眼をして、今以上に見えない部分を増やさないようにしなければなりません。
これは必ず守らないといけません。
目の手術はリスクが大きい事を、よく考えてください。
医師によっては、手術に積極的でない場合もあります。
その場合はあきらめるか、他の眼科に行くのかになります。
でもコンタクトレンズも限界がありますので、私は眼鏡が一番だと思います。
普段は眼鏡で充分です。
目にホコリが入りにくくなります。
コンタクトレンズはしっかりと管理をしないと、目に傷がついてしまいます。
目の場合はなるべくならば、点眼で様子を見る事がいいと思います。
ですが、視力をよくするための手術なので、点眼では視力はよくなりません。
まずはおしゃれ眼鏡をしてみてはいかがでしょうか。
いいと思います。
手術はおすすめできないので、眼鏡がいいですね。
コンタクトレンズは管理をちゃんとしておかないと大変なので、自信のない人は眼鏡をおすすめします。
目の病気は本当に怖いです。
検査で発見できれば幸いです。
常にリスクは大きいです。
目だけは慎重にならないと、視覚がおかしくなってしまいます。
それを頭に入れて、それでも手術をするのかを、冷静に考えてみてください。
自分が年をとった時のリスクをよく考えてみてください。
私は、おすすめしません。

Main Menu

無料カウンセリング

実話体験談