レーシックまるわかりガイド

費用・安全性などについて検証!老眼や白内障の最新治療も!

レーシックまるわかり!
画像

レーシックの手術後に日常生活で注意が必要な事

私は小学生の頃から強度の近視に悩まされ続け、メガネを着用する日々が続いていました。
この強度の近視を矯正する為に、レーシックの手術を受けようと決意したのは二十歳の誕生日を迎えてからです。
この手術を受ける前にはインターネットを活用し様々なリサーチを行いました。
そして、希望条件に沿った最適なクリニックを見つけ出し手術を受けるための検査を受けにいきました。
このレーシックができるかどうかの初診検査では、角膜の状態、角膜の形の検査、眼の硬度の検査、眼の屈折状態の測定など多種多様な検査を受ける事が必要でした。
このような検査はこれまで眼科ではしたことがなかったために、大きな抵抗がありました。
その中でも目薬をしての目の角膜の厚さを調べる検査は、直接ペンのようなものが目に触れたために、非常に驚きました。
目薬は麻酔薬のようなもので、黒目にペンのようなものが当たれば痛いと思いますが、この検査をしたとき痛くありませんでした。
このような数多くの検査を終了して手術を行ないましたが、手術に要する時間は非常に短く、手術に掛かった時間は合計でも三十分程度で、想像していたよりも簡単に終了するものでした。
このように私のレーシックの手術はこれらの工程を通して終了しましたが、この術後には日常生活で幾つかのポイントに注意しなければなりません。
ここではレーシックの手術後に日常生活で注意が必要な事についてお話致します。
先ず最初に、私は手術を受けた際に、担当のドクターから幾つかの日常生活での注意事項をアドバイスされました。
手術を完了した直ぐの状態では、日常生活の中で幾つかの制限があります。
例えば、読書や映画鑑賞などの眼に大きな負担が掛かることに関しては注意が必要になります。
この手術を受けてからニ週間程度の間は、眼を酷使しないように気をつける必要があります。
ドクターのお話では読書や映画鑑賞を全て禁止するのではなく、目が疲れたと感じた際には、適度に休憩をする事が必要になるというものです。
このような場合には、眼が乾いた際に処方された目薬をする事を徹底して行う必要があります。
このようなアフターケアを怠ってしまう事で、手術後でも視力が低下してしまう可能性があるので、回復した視力を維持する為には、このような点を気をつける必要があります。
特に、私がドクターから指摘された点は、長時間テレビを見る事や、暗い部屋で本を読むなどの生活習慣から視力が悪くなった場合は、意識してこのような生活習慣を改善する事が大切になってくるというポイントです。
次に、レーシック手術を受け視力が回復した後は、車の運転についても注意が必要です。
私は運転免許の更新で幾つかのポイントを事前に把握しておきました。
私は運転免許の更新で、条件の解除の申請手続きを行い、裸眼での運転が出来るようにしました。
この条件解除の手続きは手数料は掛からず、必要書類の提出も必要ありません。
しかしながら、この条件の解除手続きを行わずに裸眼で運転していた場合には、違反になる為に注意が必要になります。
このようにこの手術後に日常生活で注意が必要なものには、このようなポイントがあります。

Main Menu

無料カウンセリング

実話体験談