レーシックまるわかりガイド

費用・安全性などについて検証!老眼や白内障の最新治療も!

レーシックまるわかり!
画像

レーシック手術後の視力回復

レーシック手術の視力の、回復率についてですが、個人差がありますが、回復時の視力を、1.0と目標に手術をした場合、大体の人でその効果を満たしていることが立証されています。
目標をどのあたりに持っていくのかは、医師との相談により決定することですが、ほとんどの眼科クリニックでは、1.0から1.5の間と思っていただいて、良いでしょう、眼が見えすぎてしまいますと、頭痛などの症状を起こしますので、適度な視力へ持っていくことが、良い回復なのです。
まれにですが、極端に手術前が悪くて、手術をして裸眼で、0.7までという方もいらっしゃいます。
角膜をレーザーで削る手術なので、角膜に厚みがないと、視力が出にくいということが考えられますので、手術前の適応診断で自分の眼は、どのような状態で、どのくらいまでの、回復の効果があるのかを、よく聞いておくことが大切です。
ほとんどの方は、手術あと、95パーセントの確率で、目標まで上がっている報告がありますので、ご心配なさらないでください。
手術では、どのくらいで回復が期待できるのかということですが、手術のあとから、視界が広がっていきます、手術の診察で、手術検査をした時にわかるかと思います、手術直後のけんさから、1.0まで見えている方もいらっしゃいます。
回復については、個人差がありますが、翌日のクリニックでの検査で、見え方が上がってる方もいますし、1週間後の検査で、上がっているのを確認している方もいらっしゃいます。
1週間すれば安定してきます。
1週間を過ぎますと、視力が1.0以上に戻ったという人が、約9割を超えているという統計が発表されています。
レーシックの認知度や安全性が射止められてから、日本でも徐々にレーシック手術を受ける人が増加してきています。
年間では約13万人を超す人がレーシックを受けていますので、9割の人が1.0以上までを回復しているわけですから、たくさんの方に満足が行っていることになります。
安全性についても述べましたが、厚労省も認めているものの、眼科の衛生管理環境により、角膜に感染症が起きたり、軽度の合併症が報告をされています。
そうならないためには、安全なクリニックで優秀な眼科医師を選ぶ必要があります。
レーシックの回復率は確かだと思いますが、手術を考えている方は慎重にクリニックを選択する必要があります。
手術での回復を維持するためには、検診に必ず行くことを、おすすめします。
眼科クリニックに定期的に健診に行き、検査を受けましょう。
維持ができなければ、手術の意味がなくなってしまいますので、必ず診察に行ってください。
感染症や、後遺症に悩まないためにも、定期検診が必要です。
きちんとしたケアができなかったために、後遺症に悩む方はごく少ないですが、いらっしゃいますので、ケアを怠らないでください。
追う行った感染症や後遺症は、自分で減らすことができるのです。
そのためにも、手術の経過をよく見て、自分の眼の状態を確かめて、不審ことがあったら、すぐに主治医のクリニックへ診察に行きましょう。
そして、維持を心がけ、眼の状態が手術前に戻らないように、気を付けましょう。

Main Menu

無料カウンセリング

実話体験談