レーシックまるわかりガイド

費用・安全性などについて検証!老眼や白内障の最新治療も!

レーシックまるわかり!
画像

レーシックの後遺症についての基礎知識

私がレーシックの手術を受けたのは社会人になりニ年が経過した頃でした。
私は中学生の時から少しずつ視力が悪くなり、最終的には強度の近視になりました。
最初は眼鏡をかけていましたが、コンタクトに切り替えた生活がはじまり、約十年が経過しました。
このレーシック手術を受ける直前まで、使い捨てのコンタクトを使用していましたが、不便さを感じながらも手段がなかったので、仕方なくコンタクトでの生活を送っていました。
コンタクトの不便さは、朝起きても目が見えず、目の調子によってコンタクトが入りにくい場合もあり、目にゴミが入ると目を傷つけてしまう可能性があるなど、非常に沢山の不都合な点があります。
そして、テニスの練習で砂がコンタクトの着用で目を傷つけ、病院に行くことになってしまい、再発の繰り返しで複数回眼科を受診する事になりました。
このような経験をした時に、友人からレーシックの手術を受け視力を回復したと聞いて興味を持ち、話を聞きました。
この友人もコンタクトを使い続け、眼球に傷がつくリスクがあるのであれば、手術を受けてしまおうと決断したそうです。
この友人の話によれば、この手術に必要な費用はそれ程高額ではなく、手術までの一連の流れや、手術に伴う痛みの少なさ、視力回復の即効性に関する話を聞く内に、私はよりこの手術に興味を持つようになりました。
このような友人からの体験談が大きなきっかけとなり、私はこの手術を受ける事を決めました。
この手術を受ける前には、数多くのレーシックに関する情報を入手し、手術後のケアや後遺症などについての知識も身に付けておきました。
この手術を受けるにあたり、この手術後の後遺症について理解しておく事は大変重要なポイントです。
ここではレーシックの後遺症についての基礎知識についてお話致します。
先ず最初に、この手術後のリスクのうち、感染症についてはしっかりとした医療機関を選び、担当医の指示通りにアフターケアを行なえば大きな心配をする必要はありません。
しかしながら、手術後には一時的に幾つかの症状を発症する事もあり、このようなリスクを事前に把握し適切に対処する事が出来れば、よりこの手術を安心して受ける事が出来ます。
この視力回復の手術の後遺症としてはハロ現象があり、暗い場所で光がぼんやりと見え、コントラストの低下が感じられる症状があります。
私もこのような視覚の異常が見られましたが、一時的なもので数週間後には解消されました。
ドクターの説明では、瞳孔が大きく近視が重い場合は、手術後にこのような症状が出る事があるそうです。
又、私が経験した手術後の症状に夜間性の近視があります。
これは夜間に瞳孔が大きくなるために視力の低下を感じるもので、これも近視の重い場合に起きる事が多くなります。
そして、私が一時的に悩まされた症状にドライアイがあります。
手術後に眼の乾燥を感じることが多くなり、常時目薬を携帯しこのドライアイの症状に対応していました。
これは長年コンタクトレンズを着用してきた場合に多いもので、私の場合もコンタクトの着用が原因になったと考えられます。
このように手術の後遺症についての基礎知識には、このようなポイントがあります。

Main Menu

無料カウンセリング

実話体験談