レーシックまるわかりガイド

費用・安全性などについて検証!老眼や白内障の最新治療も!

レーシックまるわかり!
画像

レーシック手術に必要な時間

私は近視があり、視力が悪かったのですが、レーシック手術をして視力が無事に回復しました。
コンタクトも使用していたのですが、やはりまだ20代で年齢も若いので、高額でもレーシック手術をしたほうが良いのではと思ったのです。
十分高額費用の元もとれるし、ずっとコンタクトで過ごすよりも断然楽です。
そして、手術を受けることを決めたのですが、私の地元は地方で田舎のほうなので、都会のように、レーシック手術を受けられるような病院が近くにはありませんでした。
そのため、県外にまで出なければならないということが分かりました。
しかも、手術自体にどれくらいの時間が必要なのかということも知らなかったのでまずは、事前に調べてみることにしました。
調べた結果、手術自体は両目でも30分くらいで終わるとのことでした。
そのため、運転などはできませんが、入院も必要なく、日帰りで変えることもできるのです。
これには驚きました。
眼の手術なので、てっきり入院が必要なのかと思っていました。
基本は、手術よりも前に、適応検査やカウンセリングを受けてから、別日に改めて手術を行うのですが、すべての検査と手術を一緒の日にできるようなプランを提供している病院もあるのです。
私も県外にまで行かなければならないので、一日で済ませたいと思ったのですが、やはり、検査を行い先生の話をしっかりと聞いたうえで、改めて手術を受けるかどうかの最終決定をしたいと思ったので、三日間仕事の休みをとって、レーシックの手術を受けることにしたのです。
まず、一日目はカウンセリング、適応検査をして、手術を受けるかどうかを決めました。
改めて先生から、視力回復の手術のことを聞き、やはり、このままコンタクトやメガネで矯正をしながら過ごすのではなく、裸眼で過ごしたいと思い、手術をお願いすることにしました。
そして、手術は翌日に受けました。
朝一番の予約だったので、行ってからすぐに名前を呼ばれ、手術を受けることができました。
本当にあっという間の手術でした。
点眼の麻酔だったので意識もある状態で行われたのですが、思っていたよりもあっけなく終了し、まったく痛みやこわいというような感覚もありませんでした。
気づけば手術が終了し、視界がはっきりと変わっていました。
そして、術後はすぐに帰るのではなくしばらく病院で安静にしていなければなりません。
そのため、術後、30分くらいして、もう一度先生に状態を確認してもらい、異常がなかったので帰ることができました。
手術当日は二時間かからないくらいで終了しました。
ただ、翌日にもう一度検査を受けなければならないので、もう一泊ホテルに泊まることになりました。
そして、ようやく家に帰宅することができたのです。
このように、私がレーシック手術にかかった時間は、手術自体は本当に早く終わるのですが、術前術後の検査があるので、三日間ほどかかりました。
県外に行くのも大変でしたが、私が受けた病院は、遠方から来る患者のために交通費を補助してくれるサービスがあるので、手術費用のみしか負担はありませんでした。
やはり、短時間で終わる手術とは言え、視力が安定するのにも個人差があり、少し時間がかかる人もいるので、そのことを思うと、数日間は仕事の休みを取れる時などがベストだと思いました。

Main Menu

無料カウンセリング

実話体験談