レーシックまるわかりガイド

費用・安全性などについて検証!老眼や白内障の最新治療も!

レーシックまるわかり!
画像

レーシックの治療費はどれくらいなのか

レーシック手術は、目の角膜にレーザーを照射し、角膜の屈折率を変えることによって視力を回復させる手術のことです。
アメリカではもう多くの方が手術をしていて、メガネやコンタクトレンズのように一般的な視力矯正方法として認知されています。
日本でも2001年に厚生労働省の許可がおりました。
日本においてはまだ新しい手術との印象もありますが、著名人を中心に手術を受ける人が増え、専門クリニックも出来たことから現在では年間45万症例もあります。
レーシックを受けるとコンタクトレンズもメガネも必要ありません。
コンタクトレンズやメガネを一生使い続けるとどれくらいの費用がかかるのでしょうか。
例えば、私は以前は一日使い捨てのコンタクトレンズを使用していました。
とても安い物を利用していましたが、それでも毎月5000円はかかっていました。
毎月5000円と言えば、年間で6万円ですね。
20年もたてば120万円です。
海外旅行に家族で出かけられる金額です。
もったいないと思いませんか。
もったいないだけではありません。
私は花粉症があるのでその時期は目がごろごろするし、毎朝忙しい時間にコンタクトレンズを装着するのは手間でした。
手術後はそんな手間やお金は一切かからないのです。
もし災害が起こった場合でも、現在は裸眼なのでコンタクトレンズの予備のことなど気にせず逃げることが出来ると思っています。
さて、そんなレーシック手術ですが、いったいいくら治療費がかかるのでしょうか。
私が手術を受けたクリニックを例に出しますと、一番安いプランで7万円ちょっとから、他でレーシックが出来ないと言われた方への特別な技術の手術ですと50万円程度となっています。
他のクリニックと比べてみても、平均は20万円から30万円の間という感じです。
自由診療となりますので、どうしても高額な請求となってしまいます。
そんな高額な治療費は払えないと思った方もちょっとお待ち下さい。
ほとんどの専門クリニックでは一括払いの他に分割払い、カードで支払いが出来るところもあります。
20万円ほどの手術でしたら36回払いで月々6000円ほどの支払いです。
先ほどの私の以前のコンタクトレンズ代を思い出してください。
あまり変わらないのではないでしょうか。
しかも3年で支払いは完了するのですよ。
さらに最近ではネット保険会社を中心にレーシック手術も保険適用とする保険会社が増えてきました。
もしかしたら、あなたが加入している保険でも手術給付金の対象かも知れません。
私の場合は15万円ほどの給付金を受け取ることが出来ました。
一般的には3万円から15万円と言われていますから、一度加入している保険会社にお電話ででも確かめた方が良いかもしれませんね。
証書には何も書いていなくても、実は給付金の対象となっている場合もありますよ。
そして、確定申告ではかかった手術代から給付金を引いた額が10万円以上であれば医療費控除の対象となります。
医療費は家族でまとめてですので、少しでも給付金よりかかった場合は領収書をとっておくことをおすすめします。
手術後の生活は快適ですよ。
海にもプールにも安心して行けます。
みなさんにもおすすめです。

Main Menu

無料カウンセリング

実話体験談