レーシックまるわかりガイド

費用・安全性などについて検証!老眼や白内障の最新治療も!

レーシックまるわかり!
画像

レーシックの手術の失敗率を低下させる為に知っておくべきポイント

私は高校生の頃から悩まされていた乱視を矯正するため、レーシックの手術を受ける事を決意しました。
この手術が受けられるかどうかは、初診の検査結果によります。
この検査では角膜のカーブの状態を測定したり、角膜の形を測ったり、角膜の細胞の数を測る検査が行なわれます。
又、基本的な視力検査に加え、角膜の屈折の状態の解析や水晶体の検査なども行われ、手術に適しているかが判断されます。
私は手術の前に担当の眼科医の方から手術に問題は無いと伝えられ、この手術を受ける事が出来ました。
私はこの事前の検査で、これまで経験した事が無いような検査を受けたために緊張しましたが、クリックのスタッフの方の親切な対応で、安心して各検査を済ませる事が出来ました。
特に、目薬の後に角膜の厚さを測定する検査は、黒目の部分に医療機器が当てられるために不安になりました。
しかしながら、事前の目薬が麻酔のようなものであったため、黒目に医療機器が当たっても痛くありませんでした。
私はこれら数多くの事前の検査を終了して手術に臨みましたが、このレーシックの手術をより安全に行うためには、幾つかのポイントを把握しておくことが重要になります。
私の経験上、予め注意事項を理解しておく事は、この手術の失敗の確率を低くする為に大いに役立ちます。
ここではレーシックの手術の失敗率を低下させる為に知っておくべきポイントについてお話致します。
先ず最初に、安全性を確保する為にも、初診検査でクリニックを訪れる際には車ではなく、公共のバスや電車の利用が必要になります。
私が初診検査を終えた後は、非常に眩しく目を開ける事が困難で、車が運転できない事を理解しました。
このような状態は数時間続くために、車の運転は注意すべきポイントの一つとなります。
次に、この視力矯正の手術の失敗を回避する為には、手術後の安静が重要です。
手術当日は角膜のフラップを作成しているため、この治療箇所が治る前に目に触れてしまうことで、このフラップがずれてしまいます。
そのため、手術後は一定の期間目をこする事や、目にふれる事などに注意が必要になるのです。
特に、手術後一週間程度は角膜のフラップの状態が不安定な事から、厳重に注意する必要がある事を伝えられました。
入浴で頭を洗うときや、顔を洗うときなどは石鹸が目に入らないように注意する事も重要です。
更に、この手術を成功させる為に把握しておくべき点としてスポーツがあります。
運動は手術後直ぐにできるわけではありません。
これは競技の種類や性質により異なり、目に危険が及ばないスポーツであれば数日後からできます。
しかしながら、私の場合は趣味でテニスをする事が多く、テニスの場合は目にボールがあたる危険性があることから、数週間程度は控えていました。
この手術の直後からは視力は回復しよく見えるようになりますが、ドクターの指示に従い安静状態を守る事が安全な状態で手術を終える為に重要になるのです。
又、レーシックの手術当日は、パソコン、ゲーム、読書などで目を酷使する行為は禁止されています。
その為、私は手術終了後は帰宅して直ぐに就寝しました。
このようにレーシックの手術の失敗率を低下させる為には、これらのポイントを知っておく必要があります。

Main Menu

無料カウンセリング

実話体験談