レーシックまるわかりガイド

費用・安全性などについて検証!老眼や白内障の最新治療も!

レーシックまるわかり!
画像

レーシックの手術前に必要な一連の検査

私は小さな頃から視力が低く、日常生活に大きな問題を抱え困っていました。
コンタクトレンズは目が乾き、夜遅くなると痛みで目を開けていられない状態が苦痛で、コンタクトから解放される事を望んでいました。
このようなコンタクトレンズの装着が原因となる痛みを解消する為に、私はレーシックの手術を受ける事を決意しました。
この視力矯正の治療を受ける際には、事前に数多くの検査を受ける事が必要になります。
ここではレーシックの手術前に必要な一連の検査についてお話致します。
先ず最初に、この視力矯正の施術では視力検査をして現状を把握する事が必要になります。
この検査は最新の医療機器を用い精度の高い検査を行なう為に、近視、遠視、乱視の程度の測定に加え、角膜のカーブの状態なども検査します。
そして、この検査では角膜の屈折値の測定、角膜径や瞳孔径の測定、瞳孔間の距離の測定、角膜の曲率の半径の測定などが行なわれ、角膜の細胞を数える検査なども行ないます。
このような詳細なデータを収集する事で、より精度の高い治療が行なえるのだと実感しました。
次に、眼圧の検査では五分くらいの間隔で点眼を複数回行います。
この時にはドライアイの症状も検査され、まぶたに紙を挟んで、涙の量も調べられました。
この治療を受ける前には、このような様々な検査の工程を通して、手術に必要なデータを収集していきます。
そして、診察へ入り担当のドクターから検査結果を教えてもらいます。
この時には、クリニックに用意されている複数の手術のコースから、最適なものを選ぶ為にドクターと相談します。
私の検査結果は角膜は厚くはないけれども、大きな問題なく治療ができるとのことで、非常に安心しました。
又、私の選んだクリニックでは、より精度の高い治療法も用意されていた為に、他の選択肢との違いもドクターに聞いてみましたが、角膜が薄い場合はスポーツなどで激しい衝撃を受ける場合は選択肢が限られてくるとの事で、ドクターの推薦する術式で施術を受ける事に決めました。
このドクターの推薦してくれた術式は、高い確率で視力戻りがなく、治療費も想定していた範囲内のものであった為に、この術式での治療を決意しました。
レーシックを受けた私の友人の中には、数年経過した後に視力が低下してしまったという話を聞いていた事もあり、私にとってこの視力の戻りが無いというポイントは非常に重要な点でした。
この視力戻りの理由には、角膜のフラップが身体の再生する作用で細胞が増え、厚みができてしまう事によるものです。
このような状態は角膜の屈折率に影響を及ぼし、見え方に違いが生じてきてしまう原因となります。
更に、視力戻りの原因には日常生活の中の習慣にもあり、治療後に目を酷使して適切なケアを怠ると、次第に視力が低下してしまう事があります。
私はこのような視力戻りを回避したかったので、ドクターの推薦する術後に視力の低下の少ない術式を選び、手術をお願いすることにしました。
私は数多くの検査を事前に受け、レーシックの治療を受けましたが、治療後は効果的に視力回復ができ、裸眼での理想的な生活を送る事ができています。
その為、この治療法の優れた効果に驚いています。

Main Menu

無料カウンセリング

実話体験談