レーシックまるわかりガイド

費用・安全性などについて検証!老眼や白内障の最新治療も!

レーシックまるわかり!
画像

レーシックの手術で目が充血する

レーシックの手術というのは、目が悪い人にとっては、とても便利な手術と言えます。
裸眼で過ごすには不安だという視力の人でも、この手術を受けることで裸眼で生活することが出来るような、視力を手に入れることが出来るのです。
ですので、目が悪い人にとっては、本当に便利なのです。
ですが、手術の際には、いくつか気にしなくてはいけないことがあります。
例えば、一つは手術をした後には、目の角膜を傷つけることになるので、充血してしまうことになります。
ですので、手術をした後には、お酒などを飲むことが出来ないのです。
このことについては、手術をする前に説明されていました。
ですので、納得しながら手術を受けることになったのですが、それでも手術が終わった後の目を見たら、驚いてしまいました。
思っていたよりも充血していたからです。
ですが、あわてることはありませんでした。
事前にそのような説明を受けていたので、あわてることなく目薬などの処置をすることが出来たのです。
手術をした後には、目の状態を戻すためにも、目薬などのケアを行うことが大切だと説明されていました。
そして、検査を受けるようにすることも大切だと聞いていました。
目のことですので、何かあってからでは遅いと思い、私は検査にもきちんと通うようにしていました。
その際に、目の経過観察なども行われたのです。
ですので、今では普通の目と分かりが無い状態です。
初めて会った人であれば、私は元から目が良い人に見えるようです。
それほど、目に不自然なところはありません。
その上、きちんと目も見えるようになったのですから、本当にレーシック手術を受けてよかったと思っています。
以前までは、メガネとコンタクトの両方を使うようにしていたのですが、それぞれ不便を感じることが多かったのです。
まず、メガネの場合は、邪魔だということです。
少し走ったりしただけで、メガネがずれ落ちてしまうので、その度にメガネの位置を戻さなくてはいけないので、とても邪魔に思っていました。
コンタクトの場合は、便利に使うことが出来るのですが、ケアをきちんと行わないと、目の病気になってしまうことが不安でした。
毎日コンタクトの手入れを行わないと、レンズについてしまっているばい菌が繁殖してしまい、そのまま目に入れてしまうと、目が病気になってしまうのです。
そして、目が乾燥しやすいというのも、普段からコンタクトが不便に感じていた理由です。
目がごろごろしてしまったりするので、その度に目薬をさすようにしていたのです。
ですので、目薬はいつも手放すことができませんでした。
このような、メガネがやコンタクト特有の悩みについては、レーシックをすることで解消することが出来るのです。
普段の生活をよりよくしたいと思い、私の場合はレーシック手術をすることにしたのです。
目のことですから、不安に感じることもありましたが、医師に質問や相談などを行い、一つ一つ問題を片付けてから前に進むようにしていたので、レーシック手術を受けることを決意することが出来ました。
わからないから不安に感じる、というところもあるので、そのわからない部分を解決することで、安心して手術を受けることが出来るのです。

Main Menu

無料カウンセリング

実話体験談