レーシックまるわかりガイド

費用・安全性などについて検証!老眼や白内障の最新治療も!

レーシックまるわかり!
画像

レーシック術後の保護メガネについて

みなさんはレーシック手術をご存知ですか。
2001年に厚生労働省に認可された日本では新しい視力矯正のための手術ですが、アメリカではもう1990年代から広まっている一般的な手術です。
具体的な手術方法は、目の角膜を少しレーザーで切り、フラップとよばれる開閉式のフタを作成します。
開けたところにエキシマレーザーとよばれるレーザーをあてて角膜の屈折率を変化させ、視力を回復させる手術です。
以前は術後に、いわゆる後遺症とよばれる一過性の症状が現れていましたが、原因も解明され、症状の出にくい手術方法も出来ています。
例えば、乱視の方など眼球の細やかな部分にゆがみがある方のために、個人に合わせたオーダーメイド方式のカットの方法もあります。
また、グレアとよばれる術後に光がにじんで見える症状への対策としては、角膜のカットのやり方を変えることで対処が出来ています。
グレアは術後に閉じたフラップがまだ完全に癒着できていないため、多少ずれることによって光が乱反射して見える症状です。
今では角膜を直角にカットすることにより、フラップを完全に元の位置にもどし、動きにくくする技術を用いられています。
ちょうどパズルで最後のピースがカチッとはまるのをイメージしていただければと思います。
このように、レーシックはほんの数年で医療技術が進み、より安全で進化した手術が受けられるようになっています。
しかしながら、術後の過ごし方によっては思わぬ症状も現れることがありますので、気をつけましょう。
私が手術を受けた病院でも言われたことですが、術後に渡される保護メガネは必ず落ち着くまでかけておくべきです。
レーシック手術ではフラップの閉じ方は元の場所に戻すだけで、縫ったり貼付けたりはしていません。
これは最近行われるようになったリングやレンズを入れる老眼レーシックでも同じことです。
先ほど申し上げましたように、ずれにくい手術は出来るようになっていますが、癒着する前にこすったり、目にゴミが入るようなことがあれば、フラップがずれたり、ひどい場合ですと炎症を起こすこともあるのです。
保護メガネは花粉症用のメガネのようですし、せっかく裸眼になった喜びもあり、早めに外したい方が多いようですが、傷口の保護のためにも就寝中もかけるようにと言われていました。
昼間は気をつけていた人も就寝中に無意識に目をこすることもあるそうです。
落ち着くまではだいたい一週間程度と言われています。
それまではきちんとかけるようにしましょう。
そして、フラップがずれたまま癒着してしまわないように、検査にも必ず行かなければなりません。
手術自体がかかる時間が短く、入院の必要もないので歯科医院に行くくらいの感覚になってきましたが、大切な目のことですから決まりは守るようにしましょう。
どんな手術でも、やってもらえばおしまいではなく、本人との二人三脚で良い結果がえられるものです。
レーシック手術だけが例外のわけはありません。
私はクリアーで快適な生活を手に入れた今、手術を受けて良かったと思っています。
もうコンタクトレンズを買わなくてもいいのは経済的にも楽ですよ。
これは本当におすすめの手術です。

Main Menu

無料カウンセリング

実話体験談