レーシックまるわかりガイド

費用・安全性などについて検証!老眼や白内障の最新治療も!

レーシックまるわかり!
画像

レーシックの手術を成功させる為のポイント

私はレーシック手術を受けて半年が経過しました。
当初、私は結婚式前に視力を回復する事を希望しており、結婚式でコンタクトのケアが要らないという事は、この手術を受けるとても大きな動機となりました。
視力が低く目のコンディションが悪く、一生に一度の結婚式を充実したものにできなかったら大きな後悔をしてしまうので、結婚式の前にこの視力回復の手術を受ける事を決意したのです。
私の周りにもこの手術を受け生活が大きく変わった方が多いのですが、実際に私もこの手術を受け裸眼での生活を送り、その効果を実感して目の調子が良いことの素晴らしさを日々痛感しています。
このレーシックの手術を受ける前には、予め計画性を持ち手術に臨む事が大切です。
明確な目的を持ち手術を受けることで、後悔の無い手術を受ける事が出来ます。
ここではレーシックの手術を成功させる為のポイントについてお話致します。
先ず最初に、私が重視した手術を受ける前のポイントに手術を受けてどうなりたいかという点があります。
具体的に、視力をどの程度まで回復させたいかという点は非常に大きなポイントです。
私はこの点を適応検査までに決めておきました。
適応検査で担当の先生に相談する事も出来ますが、手術を受けて視力が良くなり、遠くが見えるようになるだけの希望であれば、それは明確な目的ではなく具体性にかける事になります。
大切なポイントは、この手術を受けて視力をいくつにするかという具体的な目的で、その種術後の理想を的確に医師に伝える事が必要になるのです。
この手術を受け視力が回復する事は手術の成功だと思われがちですが、これは患者側の希望が叶った場合で、単に視力を回復をしただけでは手術が成功したとは限らないのです。
例えば、アスリートの方であれば、競技で小さいボールを見て、いち早くその軌道を分析し、素早く反応する必要があります。
このような方の場合は動体視力も必要ですから、単に視力が回復するだけでは不十分な事もあります。
その為、予め担当のドクターに明確な目的を伝え、その希望を叶えて貰えるような手術を受ける事が必要になるのです。
私の場合はパソコンでのデスクワークが多く、定期的に行なうスポーツやアウトドアでの楽しみのためにもレーシックを受けたかったので、予めこの希望を医師に伝えておきました。
このような一般的な視力の回復であれば、近くも遠くも同じように見えなければなりませんから、予め医師も適切な術式を選ぶことができ、最適な視力回復の手術を提案する事が出来ます。
又、私の場合は近くが見えることも重視して手術を受けたかったために、手術前のカウンセリングで、担当のドクターにこのような要望も伝えておきました。
見えすぎる事は目が疲れますし、視力が弱かった状況が長く視力が急激に回復するということは大きく角膜を削ったということになります。
この近視手術は角膜を削って視力を矯正するもので、必要以上に角膜を削って急激に視力を回復させる必要が無い場合は、このような点も担当の先生と十分に相談して身体に負担の少ない手術を受ける事が大切になります。
このようにレーシックの手術を成功させる為のポイントには、このような点があります。

Main Menu

無料カウンセリング

実話体験談