レーシックまるわかりガイド

費用・安全性などについて検証!老眼や白内障の最新治療も!

レーシックまるわかり!
画像

レーシック手術には誓約書が必要です

近視でメガネが必要でしたが、レーシックを受けることで視力を回復してメガネのいらない生活を手に入れました。
メガネを使わないことが大変快適でしたので、ぜひ多くの人にレーシックを知って貰いたいです。
だいぶ世間に浸透してきているので、どんな手術かある程度は知っている方にもいるでしょう。
安全な手術であることを知っていだだきたいのです。
そもそも、レーシックというのはLaser in Situ Keratomileusisの略語でLasikと表記します。
角膜の表皮を薄くめくりフラップと呼ばれるふたを作ります。
フラップを開けて角膜内部の組織をエキシマレーザーというレーザー光で削ります。
角膜の厚みをレーザーで削ると光の屈折率が変わり、メガネ無しで焦点が角膜に合うようになり視力を回復できるのです。
めくってあるフラップを元の位置に戻して完了です。
このフラップは自然治癒力によって定着します。
人によって個人差はありますが、一ヶ月もするとしっかりと視力が安定して良く見えるようになり、度の入っていないカラーコンタクトを付けておしゃれを楽しむなど普通の生活を送れます。
手術の直後はすぐにはっきりと見えます。
多くの人の場合では希望の視力を手に入れられます。
しかし稀ですが、少しぼやける場合や左右で違って見える場合もありますが、視力が安定するに従い綺麗な視界に変わっていきます。
だいたいの目安ですが、視力が安定するまでに、1週間から1ヶ月はかかると見ておいてください。
手術では短時間ですが、やはり体にまったく負担がないわけではありません。
術後は体を休めて激しい運動や目に衝撃を与えないように注意が必要です。
翌日に一回と1ヵ月後に1回は最低でも定期検診に行きます。
なにか不具合があればどんどん医師に相談しておいた方がよいでしょう。
その意味では家から通い易い場所にあるクリニックを選ぶとアフターフォローを受け易いです。
以上が一般的なレーシック手術の流れですが、簡単で短時間とはいえ手術には変わりませんから受けるに当たって誓約書は書かされます。
私の場合は初診の検査が終わり、説明を受けたあとに書類を渡されました。
クリニックによって様々でしょうが、訴訟をおこさないような念書です。
病院で手術を受けるときにはどんな手術であれ書かされるので当然でしょう。
最後に見え方について体験したことを伝えます。
私の場合は術後すぐに見えるようになりほっとしました。
ただこの時点ではっきりと見えなくても回復するので心配する必要はないのですが、見えないより見えた方が安心できます。
その後は翌日に検診を受け異常はなく問題も無かったので次は1ヶ月後に再び検診を受けて終了となりました。
見え方は近視になる前のように遠くの物にもピントがしっかりと合い快適です。
手術後はピントが合いすぎている気がしましたが、目の状態が安定すると言われている3ヶ月後には少し視力は落ち見易い視力になりました。
角膜を切除するためか目は乾きやすくなるのでドライアイには気をつけています。
眼科で処方されるドライアイ様の目薬を使用すると調子がいいですのでお勧めです。
近視で悩んでいるのならまずはお近くのクリニックに相談してみる価値はあります。

Main Menu

無料カウンセリング

実話体験談