レーシックまるわかりガイド

費用・安全性などについて検証!老眼や白内障の最新治療も!

レーシックまるわかり!
画像

レーシックにかかる費用は税金の還付が受けられるので、領収書を残しておき確定申告をしましょう。

私はレーシックを受けたことがあります。
初めは不安だった手術も無事に終わり、視界がはっきりし、メガネやコンタクトレンズを使わなくて良くなったことは感激したのを覚えています。
私は手術をするために使った費用は割引券を使用して215000円でした。
健康保険は適用できない為に高額だったのですが、医療費控除の対象となるので確定申告のときに申請出来たのです。
つまり税金の還付金が受け取れたわけです。
それは「医療控除の対象になるので領収書は残しておいてください。」と受付で教えてもらったので覚えていたのです。
レーシック手術というのは、角膜にレーザーを照射して視力を矯正するものです。
目の機能を医学的に回復させるもので、それにかかる費用は医師の診療、治療の対価と認められるため医療控除の対象となるわけです。
医療費控除はその年の1月から12月までの間に10万円を超える医療費を支払った場合、10万円を引いた分が対象となり、1年分の所得からその分を引いてもらうことができのです。
レーシックの場合生命保険や医療保険に入っていれば、手術給付金をもらうこともできるのです。
私ははじめに受付で手術給付金が出るかどうか問合わせてくださいと言われたので保険会社にか問い合せると「出る」ということだったので医師に診断書を書いてもらいました。
それを提出して給付金を受け取ることができました。
私の場合は7万円でした。
だから結果的にはその分を引いた145000円が手術代となるのでそこから10万円を引いた45000円が確定申告に申請できた分です。
しかし医療費控除は家計を同一とする家族全員の全ての医療費を合算したものです。
その一年間に歯医者に行ったとか他のことで病院にかかればそれもすべて含まれます。
入院費も薬代も含まれるのです。
鍼灸やあんまなどの施術の分も含まれます。
そして交通費も含まれるのです。
だからそれらをすべて合わせて申請しました。
最高200万円までできるそうです。
必要なことはそれらの領収書をきちんと残しておくことです。
交通費に関しては領収書はありませんが公共機関なら額が決まっているので適用できるのです。
だから私はレーシックだけでいくら還付してもらったかというのはわかりませんが、10万円以上はかかるものなので単独でも申請できるのです。
今までは税務署や各自治体の役所で確定申告をしていましたが、最近は国税庁のホームページから簡単に申請書を作成することができます。
源泉徴収票が必要ですがそれを見ながら作成していけばいいのです。
確定申告の医療費控除は自分から申請しなければもらうことができないので忘れないようにしましょう。
それをすることで少しでも還付金がもらえるのです。
レーシックは高額がかかるし手術は怖いのでなかなか踏み切れないという人も多いでしょう。
価格の面ではこのように還付金を受け取ることもできますし、以前から保険に加入していれば手術給付金を受けることもできます。
そして何より視力が良くなると、コンタクトレンズなど視力矯正に必要なものを購入する必要も眼科に定期検診に行く必要もなくなります。
怖さについても熟練した医師やスタッフが周囲にいる中で目薬による局部麻酔をして手術を受けることができますし、20分程度ですべてが終了するので大丈夫です。
だから視力回復を望む人はあまり心配せずに思い切って受けてみましょう。

Main Menu

無料カウンセリング

実話体験談