レーシックまるわかりガイド

費用・安全性などについて検証!老眼や白内障の最新治療も!

レーシックまるわかり!
画像

レーシックの手術前日までに知っておくべきポイント

私は長年考えていたレーシックの手術を先月受けました。
私はこの手術を受けるまでに躊躇していた期間が長く、中々手術を受けることができませんでした。
その為、コンタクトに必要なケアに不満を抱きながらも、コンタクトでの生活を強いられていました。
しかしながら、コンタクトの使用でドライアイの症状が酷くなり始め、目に違和感が出るようになった為に、手術を受ける事を決意しました。
この手術を受ける前は、安全なのだろうかと疑問に思う点もありましたが、インターネット上の色々な方の手術の体験談を読み、友達もこの視力矯正の手術を受けたために、手術に対する不安は次第に薄れていきました。
私はこのようなきっかけで手術を受ける事になりましたが、手術を受ける前には予め幾つかの基本事項を学んでおく事で、この手術をより良いコンディションで行うことが出来ます。
ここではレーシックの手術前日までに知っておくべきポイントについてお話致します。
先ず最初に、レーシックの手術を受ける前には、適応検査やカウンセリングなどで手術前に心掛けておくべきポイントを教えてもらえます。
私がドクターから指導された点としては、しっかりと体調管理を行い、手術当日に備えることです。
手術を無事成功させる為には、事前検査の後に医師から言われた注意点を必ず守る事が不可欠です。
私がドクターから指摘された注意点として重要であったと思うものは、手術前の薬の使用中止とコンタクトの使用制限です。
薬の服用は忘れないように気をつける必要があります。
手術前日から当日にかけては、できるだけ薬類の服用は避け、服用する場合は手術当日に担当医に申し出る事が必要です。
又、手術前にはコンタクトレンズの使用制限があります。
コンタクトレンズの使用は角膜に影響を与えてしまうために、ハードタイプのコンタクトレンズの場合は、約一週間前からの使用制限があります。
そして、ソフトレンズのコンタクトの場合は、手術の数日前から使用を制限して手術に備えておく必要があります。
次に、私の経験上役立った注意点は入浴に関するものです。
手術の感染症の防止のために、手術前日に入浴と洗髪は済ませておく事が大切です。
手術当日は入浴ができませんので、予めこの点を把握しておく必要があります。
又、手術の当日はお化粧はせず、整髪料などの使用も制限されます。
これも手術での感染症を防止するために重要なポイントで、女性の方のお化粧は習慣となっている事が多いために注意が必要になります。
そして、手術前に知っておくべきポイントとしては、手術当日は楽な服装でリラックスした状態で手術を受けられるように準備しておくことです。
私は普段は高いヒールを履く事が多いのですが、手術の日は履き慣れたスニーカーを履きました。
特に、セーターなど毛足が長い素材で、眼にゴミが入ってしまう可能性のあるようなものの着用は避けなければなりません。
その為、私は大きめのシャツを着て手術に臨みました。
更に、手術前日と当日に注意しなければならない点としてはお酒があります。
アルコールは傷の回復を遅らせる可能性がある為、手術前日は控える事が大切です。
このように私が重視した手術前に知っておくべきポイントには、このようなものがあります。

Main Menu

無料カウンセリング

実話体験談