レーシックまるわかりガイド

費用・安全性などについて検証!老眼や白内障の最新治療も!

レーシックまるわかり!
画像

視力矯正の手術であるレーシック手術の体験記

私がレーシックの手術を受けようと決意した理由には幾つかのポイントがあります。
しかしながら、当初は大切な目の手術なので不安な気持ちもありました。
この視力矯正の手術を決意した大きな理由に、コンタクトレンズとメガネの装着があります。
このような日常生活でのコンタクトレンズの装着の煩わしさから解放された生活を送りたいと考えた事が大きな動機となりました。
特に、私はアレルギー症状がひどく、花粉症の時期にコンタクトレンズを付けていると、目に花粉が入った際にコンタクトレンズの中にも入り込んでかゆみを伴い、大変大きな違和感がありました。
このようなアレルギー症状のトラブルから解放されたいと思いこの手術を決意しました。
又、メガネの装着は似合わないいという事から装着に大きな抵抗感があり、メガネをかけたくないという理由も大きな動機となり、この花粉の時期に入る前に視力矯正の手術を受けたいと考えました。
この手術を受けるにあたって、インターネットや様々な媒体でこの手術のことを徹底的にリサーチして、各クリニックの評判や手術の方法などを調べました。
ここでは私の視力矯正の手術の体験記についてお話致します。
先ず最初に、この手術の術式についてお話致します。
この視力矯正の手術には幾つかの術式があり、術式により角膜のフラップのつくり方が異なっているということを学びました。
近年では、視力矯正に用いられる医療機器の進歩で、フラップを作る際にはコンピューター制御されたレーザー光線を用いて角膜のフラップを作る事が多くなっています。
その為、この角膜のフラップがより薄く作成できるようになり、精度の高い断面に仕上げられるようになり、より安全性に優れた手術となっています。
このより薄いフラップを作れる技術が開発され、削る角膜の層の部分が増え強度の近視も矯正できるので、これまでこの視力矯正の手術を受ける事が出来なかった強度の近視の方へも、この手術が対応できるようになったのです。
次に、私はレーシックの安全性について調べました。
この手術を受けるにあたり、視力低下と経年による目のトラブルが不安材料でした。
しかしながら、私のリサーチしたクリニックでは、現在のところ失敗の例はなく、臨床試験でも安全性が証明されているとのことで安心する事が出来ました。
その結果、安全性についてはこの手術にも多少のリスクはあるけれども、手術の失敗の可能性は非常に低く、手術後のメリットの方が大きいという結論に達しました。
このレーシックの手術を受ける前には納得いくまでリサーチを行なったので、施術に対する不安を解消することができました。
更に、私は実際に施術を受ける前にもクリニックの口コミサイトなどを活用して、そのクリニックの評判や実際に手術を体験された方の感想を調べていきました。
このような時間をかけての入念な情報収集のおかげで、信頼できる医師に巡り合うことができ、安心して手術を任せる事が出来ました。
そして、私はこのレーシックの手術を無事終了した後には、コンタクトレンズ着用での煩わしさや、メガネの装着に対するコンプレックスなどから解放され、快適な裸眼での生活が送れています。

Main Menu

無料カウンセリング

実話体験談