レーシックまるわかりガイド

費用・安全性などについて検証!老眼や白内障の最新治療も!

レーシックまるわかり!
画像

レーシックの短所として現れる角膜の癒着の問題とハロ・グレア

レーシックは角膜の表面層を薄くこじ開けて、角膜の実層をエキシマレーザーで削って角膜のカーブを変化さる技術です。
角膜の実層を薄く削ることで角膜の屈折力が変わります。
このため角膜部分が凹レンズ化し、近視を矯正することができます。
まず、角膜の癒着に関する短所をご説明します。
初めに角膜の表面層を薄く剥ぎ取ります。
術後、剥ぎ取った角膜表面層で蓋をします。
この表面層が周辺組織と十分になじまずに癒着しずらいという問題が生じます。
これは当手術の短所といってよいでしょう。
このため、過激なスポーツをなされる方達は手術をお勧めできません。
角膜の表面層が完全に周辺組織と癒着するまで数ヶ月かかります。
この間は安静にしておく必要があります。
最近では角膜表面の癒着を早めることができるレーシック手法としてエピレーシックが開発されています。
エピレーシックでは、角膜の表面層を削り取る際に、必要最低限の部分のみを削るため、癒着が非常に早く、さらに最終的にはその角膜上皮が消失し、新しい角膜上皮が再生されるため、角膜上皮がずれる心配がなくなるのです。
エピレーシックにも短所があります。
角膜表面層の削り取りが非常に薄くなるため、神経の集中している箇所を通ることになります。
通常の手術に比べて痛みが伴いやすく、視力のリハビリが多めにかかることがあります。
手術後は角膜を守るための専用コンタクトレンズ装着が必要です。
たとえ、角膜の癒着が早まっても専用コンタクトの必要性からスポーツ選手には不向きです。
次にハロ・グレアに関する短所をご説明します。
ハロ・グレアになると、夜間の光などがにじんで見えたり、眩しかったりする症状が起こります。
術後のハロ・グレアは患者さんの暗所瞳孔径のサイズで生じます。
暗所瞳孔径とは、暗いところでの瞳孔のサイズです。
人は暗い場所に行くと、眼が光を多く吸収しようとして瞳孔が大きくなります。
暗所瞳孔径は手術の事前の適応検査でも調べられます。
角膜というのは直径が約11mmあります。
手術では、この角膜の全範囲を削ることはできません。
エキシマレーザーで削る範囲は中心エリアに限局されています。
オプティカルゾーンという、近視の矯正ができている範囲が角膜の中心から直径約6mmの部分です。
その周りにトランジションゾーンといい近視は矯正できないのですが、削った部分と削ってない部分の境目をなだらかにする程度に削る部分が約2mmあります。
人の眼の瞳孔の大きさは周囲の明るさによって変化し明所では直径約3mmですが暗所になると約5から8mmまで大きくなります。
明るいところではオプティカルゾーンよりも瞳孔径が小さいために眼の中に入る情報はオプティカルゾーンを通ります。
この領域は手術の対象領域なので問題はありません。
しかし、夜間では瞳孔径が大きくなります。
このため手術の範囲を超えて瞳孔が大きくなり、多くの光が視神経に入ってくることになります。
このためハロ・グレアがおこると考えられています。
ハロ・グレアは人それぞれが持って生まれた瞳孔の特性にですので、手術前に十分検査を受けて、医師からご説明を受けられることをお勧めします。
ハロ・グレアが生じてしまったら、夜間でもサングラスの携帯が必要になります。

Main Menu

無料カウンセリング

実話体験談