レーシックまるわかりガイド

費用・安全性などについて検証!老眼や白内障の最新治療も!

レーシックまるわかり!
画像

レーシック手術の値段の違いについて

1年ほど前にレーシックの手術を受けることを考え、様々な医院の手術費用について色々と調べましたが、値段の違いは概ね二つの要素によって違ってきていることがわかりました。
ひとつは使用される機器が新しければ新しいほど、価格は高くなる傾向にあります。
特に検査機器が最新のものになるとその分費用がかさむことになりますが、私が説明をうけた印象でいいますと、最新の検査機器で計測した角膜の状況は、やはり精度が高まりますし、乱視が酷い場合などにもかなり的確に対応することができるため、高性能なものを使うことが全体のリスクを下げてくれるという大きなメリットを持っていることも確かです。
またレーザー機器は高性能なものを使えば使うほど合併症が少なくて済むという大きなメリットがあるため、安くできればいいというものではないことが非常によくわかりました。
実際最新機器を利用してレーザー治療をうけましたが、コンピュータ処理により、完全に乱視を克服することができ、両目ともに1.5の視力を回復させることができました。
こうしてみてみますと、とにかく安いほうがいいとはなかなか言えない状況がこの機器選定にはあるということがいえます。
ただ、安い費用ならリスクが高いともいえないところがあり、この部分の判断は非常に難しいといわざるを得ない状況です。
もうひとつ価格を大きく左右する問題は保証期間の問題です。
当然のことながら保障期間が長いほうが、価格が高いという価格設定になっています。
実際問題としては、3年を超えてからトラブルがあって来院されて再治療されるというケースは本当に少ないようですが、保証内容によっては永久保証というサービスも登場していますので、安心を買うという発想であればこうしたサービスを受けるというもの一つの選択肢になることは確かです。
このあたりは個別に手術を受けられる方々の考え方次第というところもありますが、一般的な事例でいいますと、すでに視力が安定的な状態でそれ以上悪くなることがない状態で手術をうけて回復すると、それ以上は急激に経年変化は起こさないことのほうが多いようです。
したがって永久保証のようなサービスを選択するか有期の保証サービスを選択するかは、本当に患者さん次第ということができるようです。
角膜で作ったフラップが何らかの理由で術後すぐにずれてしまったというような場倍には、すぐに追加の手術をして位置をずらすことによってもとに戻すこともできるそうですから、まずは直近の施術でうまく修正できなかった部分の保証がついているものを選択することは必要なようです。
通常は術後1年間程度は面倒を見てもらえる保証付きのものが多いようですが、詳細については、手術前に担当医の先生に納得がいくまでご相談されて決定していくのがよろしいかと思います。
価格としてはオーダーメイドで個人の状況に合わせたれているものほど高くなる傾向にはあるようで、平均して50万前後をすべての総額として想定しておけば、予算の中に納まることになるようです。
多少高い気もしますが、一生使っていく眼のことですから、あまり安いものに執着しないほうがいいのかもしれないと思いました。

Main Menu

無料カウンセリング

実話体験談