レーシックまるわかりガイド

費用・安全性などについて検証!老眼や白内障の最新治療も!

レーシックまるわかり!
画像

レーシックの平均的な値段はどのくらいでしょう

レーシックに興味がある方。
どんな風に手術をするのか気になりますね。
それと同時に誰でも気になるのが値段だと思います。
値段がわからないことには手術に挑むこともできませんね。
私もレーシックを受けてみようと考えたときに、費用がどのくらいかかるのか気になりました。
ですので、レーシックの平均的な値段がどのくらいなのか、調べてみました。
レーシック手術は通常の医療機関と違い、健康保険がきかないということ、自由診療の扱いとなるため、設備やサービスがまちまちになることで手術の値段は病院によってかなりの違いが出てきます。
自由診療ということで、両目で60万円近い病院がある一方、両目で20万円という病院もあるようです。
ですが、レーシック手術の平均的な相場としてはおよそ30~45万円を設定している病院が多いようです。
これだけ差があってはどうやって病院を選んだら良いのかもわからないし、迷ってしまいますね。
そこで、どうしてこのような差が出てしまうのかと調べてみました。
まずは、使っている設備の違いがあります。
ほかにも、手術を受ける人数の違いがあります。
また、手術前後の検診についても違いがあります。
では、もう少し細かく説明していきます。
まずは、設備についてです。
病院によって使っている機器などの設備にはメーカーの違いや性能の差があります。
古い機器だったり新しい機器だったりの違いもあります。
設備というのは購入費だけでなく、購入後のメンテナンス費もかかります。
安全で衛生的に手術を行うためにはそれなりに機器への投資が必要となりますね。
多額の投資をするためにはそのための利益もたくさんなければならないということです。
つぎに、手術を受ける人数についてです。
大手の病院では症例数が多いため手術数が多くなりその分治療費が抑えられるようです。
たくさんの症例数をこなせばそれだけ早く設備投資分が回収できます。
また、口コミで広げられるというのもありネットやチラシなどの広告宣伝費が抑えられるというのも理由の一つです。
検診について説明します。
手術前後に行われる検診ですが、これについては無料のところと有料のところがあってまちまちとなります。
ですから、手術のみの金額で高低を決められないということになりますね。
検診の費用を含んでいるかいないのかは比較する上で大きなポイントとなるのではないでしょうか。
手術を受けようと考え始めたらまずは、興味を持った病院の資料を取り寄せるなどして病院の設備やサービスを比較することが良いと思います。
病院のサイトを見てみると手術のみの金額だけを出しているところもあるようですので、注意深く細かな情報を集めた方がよさそうです。
金額が安いからという理由だけで病院を決めてしまうのは危険です。
誰しも安い方が良いと思うのは当然のことですが、大切な目のことでもあります。
きちんとした技術を持った医師が担当し、設備が充実しているところを選ぶことが重要だと思います。
私が調べた結果、考えられる費用の差を上に挙げてみました。
必ずしも高ければよく、安ければ悪いというものではありません。
じっくり比較検討して納得の行く手術が受けられるようにしましょう。

Main Menu

無料カウンセリング

実話体験談