レーシックまるわかりガイド

費用・安全性などについて検証!老眼や白内障の最新治療も!

レーシックまるわかり!
画像

レーシックで痛みは感じませんでした

レーシックの手術中、痛みを感じることはありませんでした。
当日のことをできるだけ思い出して書いてみます。
当日は病院に到着して、手術着に着替えさせられました。
まだ当時は強度近視の状態であったので、待合室がぼんやりと見えていました。
手術着は緑色で頭には髪の毛が入らないように工場で働く人がかぶっているような帽子をかぶりました。
しばらくすると、特殊な目薬による点眼を受けました。
これが手術のための麻酔薬であったようです。
これも痛みは感じることなく、視界がさらにぼんやりとしてきました。
しばらくすると呼ばれたので、まずはフラップを作る事になりました。
このフラップというのは、術後の回復を早めるためと、痛みを軽減するためのものだそうです。
当時はそんなことは知りませんでした。
このフラップがどうやって作られたかは忘れてしまいましたが、非常に短時間で終了しました。
目薬の麻酔のせいか、痛みは感じませんでした。
まだこの段階では視力はそのままです。
終わってみると、瞼にプラスチックが挟まっているような、チクチクした感じになっていました。
安全のため、係員のおばさんに両腕を引っ張ってもらい、手術台に寝かされました。
いよいよレーザー放射となりました。
緊張しましたが、院長先生が「順調ですよ」と、いろいろ話しかけながらやってくれたので、少し安心しました。
「ある一定の部分をずっと見つめているように」と指示があったので、そうしていました。
ずっと目の前で線香花火のようなオレンジ色の火花が散っていたので、それをずっと見続けていました。
痛みは感じませんでしたが、機械の音がうるさいな、と思っていました。
10~20分ぐらいで手術は終わったように記憶しています。
再びおばさんに案内され、待合室で安静に横になっていました。
なんとこの時点で既にかなり見えていました。
コンタクトレンズを装着していたような感覚で、周りのものがはっきりと見えていました。
もちろん実際は裸眼のままです。
こんなにも早く効果が表れた事に非常に驚き、「これは成功したのではないか」と嬉しくなりました。
その後は目薬を差されたり、目をぶつけたりしないようにゴーグルをもらって帰宅しました。
すぐ翌日にもう1度来院する必要があるので、それ程多くのものをもらいはしませんでした。
このゴーグルは結局手術当日にしか使いませんでした。
翌日に返却したような記憶があります。
帰宅は特に目に異常を感じることもなく、無事に帰宅できました。
電車内の吊り革広告がよく見えていました。
一応何があるかわからないので、パソコンやゲームをやったりすることはせず、入浴もやめておいて就寝しました。
翌日朝起きてからも、視力ははっきりとしていました。
来院の時は何も装着せず、裸眼のままで到着できました。
その後の検診でも問題はなく、目薬を何回かに分けてもらいながら、全ての工程が終了して今に至るわけです。
従って、レーシック全体の流れで痛痒を感じることは一度もありませんでした。
フラップを作成してから数十秒間の間に、少し瞼がチクチクした程度です。
現在でも快適に生活できているので、レーシックを受けて良かったと思っています。

Main Menu

無料カウンセリング

実話体験談