レーシックまるわかりガイド

費用・安全性などについて検証!老眼や白内障の最新治療も!

レーシックまるわかり!
画像

レーシックのための通院は非常に限定的

1年ほど前にレーシックの手術を受けるため、病院探しから手術、事後検診などを受けましたが、非常に簡略的で、通院は限定的だったことを覚えています。
まず、どこのクリニックでも相談会を実施していますので、ここに顔を出して、不安点などを徹底的に質問していくるのが最初のステップとなりました。
こうした相談会では事例紹介と体験者の話などもありますので、かなり参考になります。
その後個別相談でいろいろ話をしてみると、無料の適応検査を実施してくれることがわかりましたので、さっそく申し込みを行いました。
しかしコンタクトを利用している人間はだいたい三遊間利用しないでメガネですごして、本来の眼球の形、角膜の凹凸を正確に計測することになります。
これが、相談会からほぼ1ヶ月ほどあとのことになりました。
そこで三時間ちょっとの計測をしてもらった結果、近視と乱視の両方を矯正できることがわかり、お勧めの術式と費用の総額を提示してもらいました。
その場では結論が出せず、二日後に正式に依頼をすることになりました。
手術にあたっては再度眼球をレーザーで手術するためにデータを取得する必要があるということで手術本番の3日前に再度来院して正確に計測作業を受けました。
このデータを利用してコンピュータが解析をし、手術当日のレーザーの制御を行うということでした。
時間はほとんど1時間ほどで終了し、いよいよその3日後に本番の手術を受けることになりました。
手術時間は用意を含めても15分ほどで終わり、麻酔がぬけて目がしみて涙が出終わるまで休憩室で休憩し、その日は帰宅となりました。
翌日も検診で1時間ほど来院し、検査を受けましたが、順調ということでその日も終了。
その後は1週間目、一ヶ月目、半年、一念後検診に訪れただけで、今日に至っています。
意外に通院回数は少なく、手術が終ったあともかぎられた通院で終了していくのがこの手術の特徴といえると思います。
もちろん調子が悪くなったり、心配事などは病院に連絡をとって話しを聞くこともできましたが、基本はこのような感じで進行していきます。
私の場合、病院を選定するまでに集めた情報や、どこの病院と医師にお願いするかの部分に時間がかかった気がします。
やはり有名病院には、施術暦のおおい専門の医師がいますし、具体的にこういう先生にお願いしたいというところまで絞りこみますと、順番待ちなどで結構待たされることもあったわけです。
しかし人気の先生は指名して手術を受けることが本当にできますので、希望があるのであれば、そうした先生にお願いしてみるのも安心のひとつとなると思います。
手術が終ってしまいますと、ことのほかあとのプロセスはあっけなく進んでしまい、もっぱら術後の状況が安定しているかどうかをチェックするだけの作業が続きます。
ひとによっては半年後検診などに訪れないかたも多くいるという話をきいてびっくりしましたが、そのぐらい正常な状態に戻るのに時間のかからない人が多いということなのです。
当初想像していた以上に速いペースで進行する手術ですが、その回復もまた想像以上に早いものになり、術後2日目からしっかりと視力回復を認識することができるようになります。

Main Menu

無料カウンセリング

実話体験談